忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Silent Scream.gif










Gnome / Silent Scream
2012
Black Metal




国産ブラックメタルの音源集
1996年デモ「Under the Black Moon」、
1999年split「Story - Legendary Japanese Wolves」、及び未発表音源を収録
DVDケース"CD仕様の限定版にはアンビエントプロジェクトHuman Soul の3曲を収録


Disc1 Gnome

1. The Forest、2. The Sea... は1996年デモ「Under the Black Moon」収録曲
Gnome / Under the Black Moon

3. Canis Lupus Hodophilax より3曲はsplit「Story - Legendary Japanese Wolves」収録曲
動物達の鳴き声らしきもので始まり、躍動感に満ちたリフが前曲までと異なる印象を与えます。
メロディアスに主張するギターソロなんかもあり、本作の中でも最も聴きやすい曲かもしれません。

4. 1905 (W.O.Y.N.) は終盤の物寂しげなギターが印象的

5. Forever... は冷やりとしたシンセ、声がミニマルに続いていく1曲

6. Unreleased Track はタイトル通り未発表音源
中国のZuriaakeみたいなしんみりとしたイントロから一転、
ズンズンと独特のノリを見せるダークなリフで突き進みます。


Disc2 Human Soul

1. Egophobe は軋むような物音・ノイズが不快さを煽り続けます。

2. Fuanno Ritsuzo Part 1 (A Miserable Fate) は孤独感に満ちたアンビエント曲

3. Fuanno Ritsuzo Part 2 (I Lost in My Family) は12分超の大曲
各種軋むようなノイズが渦巻くように絡んで行き、混沌とした内容です。


Gnome の方はsplit音源は聴いたことがなかったので、大変有難いリリースとなりました。
デモ「 Under the Black Moon」の方は幻想的なシンセをフィーチュアした
アトモスフェリックなブラックメタルです。
淡々とミニマルに続いていくサウンドで、
アンビエントを聴いているような心地を味わえる辺りBurzumに通じる部分も感じますが、
かなりユニークで他に類を見ない作風となっていますね。
split「Story - Legendary Japanese Wolves」収録曲の方は、
より躍動感に満ちたノリを感じさせるものですが、
独特の寂寥感溢れるサウンドはデモ音源同様でしょうか。

Human Soul は本作で初めて聴きました。
Woods氏によるアンビエントプロジェクトということで、
孤独感に満ちた楽曲が多く、不安を煽るようなノイズも相まってか、
気味悪いサウンドが終始続きます。
正直、この手の作品はあまり聴く気がしません・・・


限定版は200毎限定ということですので、
早めにキープしておくのもいいかもしれませんね。
満足度は83点くらいでしょうか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]