忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Death Before Dishonour.jpg









Goatmoon / Death Before Dishonour
2004
Black Metal




フィンランド産ブラックメタルの1stフル
↑の画像は2010年の再発盤のもので、100枚限定らしいです(ホントかな?)。


1. Blackmetal Winter はズルズルとアンダーグラウンドな世界へ誘う1曲
Vo.とドラムの暴れっぷりがもう如何ともし難いですね。

3. Bloodvengeance は荒れ狂うプリミティヴ・ブラックサウンドの中に息吹く
メロウなリフが素晴らしいですね。いかにもフィンランド的なノリです。

4. Forest of Misanthropy もメロウなリフが悶絶を誘う良曲

5. In the Cursing Embrace は摩訶不思議なギターソロがあります。
メランコリックとさえ形容できそうなトレモロリフと、
異常なまでのテンションを誇るVo.+ドラムが印象的

12. Death Before Dishonour は本作のハイライトとも言えるキラーチューン
メロウさを前面に押し出したトレモロリフ+ベース、
一歩間違えると破綻してしまいそうなドラム、Vo.との掛け合いが織り成す
ギリギリの緊張感が息つく暇を与えぬドラマティックな1曲

13. Kunnia, Armageddonは忙しないポンコツドラムに、
これまたチープなギターによるボロボロなリフが得も言われぬ質感を生み出します。


ここ日本でもカルト的人気を誇るフィンランド産プリミティヴ・ブラックのデビュー作
オリジナル盤を持っていない私には堪らない再発となりました。

フィンランド産プリミティヴ・ブラック勢の中でも、かなりの曲者というかなんといいますか・・・
ノリ良く、時にオールドスクールに突き進むドラムは
良く言われているようにシンバル類のハジけっぷりが異常です。
金タライでも叩いてるんじゃないかっていうくらいに喧しいですね。
勿論忙しなく疾走していく様もポンコツ気味で堪りません。
そこへノイジーなギターによるメロウなリフが乗っていきますが、
この辺りはフィンランドらしい哀愁、泣きのエモーションを感じさせます。
Vo.も抑えが効かない叫び散らすスタイルで、異常なまでのテンションを誇り、
あのドラムと相まって色んな意味で壮絶です・・・
薄っぺらい音質でありますが、ベースラインも割とクッキリ聴こえ、
破綻しそうな各パートが織り成すギリギリの調和、緊張感でしか味わえない
カタルシスとでも言いましょうか・・・こんなこと言ってるのはこのジャンルくらいでしょうねw

正直どれも似たような曲でありながらも、
間延びしてしまうことはなく、終盤に強烈な曲を配しているのも素晴らしいです。
満足度は93点くらいでしょうか。


12. Death Before Dishonour

Satanic Warmasterの1stアルバムと並んで、
ウォータースライダー系ブラックメタルの名盤ではないでしょうか。
再発盤のボーナストラックも素晴らしいデキです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]