忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Djävulens Boning.jpg










Grifteskymfning / Djävulens Boning
2009
Black Metal




スウェーデン産ブラックメタルの1stフル
Svartrit,  Kaos Sacramentum, Helgedomなどのメンバーが関与してます。


1. Intro は曲名通り本作の導入となる短めのインスト
薄霧かかったような奇妙なサウンド

2. I Oro Somna は薄っぺらいギターによるNyktalgia的なリフで幕開け
音自体は大分違いますが、メロディー自体は結構っぽいような・・・
その後は闇夜に沈み込む様なアトモスフェリックなパートを上手く取り入れつつ展開

4. Mörka Ödemarker は繋ぎのインスト曲

5. Djävulens Boning はミドルテンポで淡々と進行していく中、
突如顔を出す荘厳なトレモロリフに悶絶・・・
高低差をつけうねる様に繰り出される独特のリフが耳を突きます。
神秘的な空気を増長させるコーラスも印象的

6. Underjordens Kall は高音寄りのトレモロリフがフィーチュアされており、
Kaos Sacramentumをアトモスフェリックにシフトさせたような作風

7. Vilsa Själar は物寂しいインスト曲

8. Blicka Mot Helvetets Grunder は高音で泣きじゃくる2本のギターのハーモニーに悶絶
アトモスフェリックな質感を残しつつ疾走していき、
物憂げに沈み込む様なメロディーも秀逸です。

9. Guds Fall は10分超の大曲
胡散臭いメロディーで始まり、あの高音で泣くトレモロが終始乱舞


関連バンドSvartrit,  Kaos Sacramentumの名が嫌でも浮かんでくる作風
特にKaos Sacramentumで頻繁に顔を出す高音寄りで掻き鳴らされるトレモロリフ、
スウェーデン産らしい暗くも荘厳な音使い、メロディーは如何にもと言ったところ
ただそれら関連バンドより音質は貧相に聴こえます・・・
Kaos Sacramentumがよりストレートなスウェディッシュ・ブラックであるのに対し、
コチラはよりアトモスフェリックなサウンドを前面に押し出した作風でしょうか。

闇夜へと溶け込んでいく様な質感のトレモロリフは、
チープなサウンドながらも独特の荘厳さを備えており、
アトモスフェリックなパートと目まぐるしく交差していく様に悶絶
単調さを感じさせない楽曲、展開は見事で、
個人的には中盤以降の曲が気に入っています。
どことなくミステリアスな空気の立ち込めた楽曲が多いですね。
関連バンドとの差別化もできているように思います。

といってもその辺りの関連バンドを好む方なら楽しめる作品ではないかと思います。
まあ、そういう方はとっくに買ってそうですが・・・
満足度は83点くらいでしょうか。


myspace
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]