忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

A Grim Funeral to the Soul of this World.jpg










Grim Funeral / A Grim Funeral to the Soul of this World
2008
Black Metal



スペイン産ブラックメタルの1st フル
Argar のメンバーが絡んでいることから購入


2. Funeral Pact of Eternal Silence は20分オーバーの大曲
砂嵐気味のノイジーなギターによる不穏さ漂うリフ、
ガナリ声・奇怪な声を上げるVo.が混然とした暗黒・混沌とした曲
この暗黒カオティックさはDarkspace の様でもありますが、
あそこまでの非人間味はないですね。
ラストは全て塵と化してしまった様な惨憺っぷり

3. A Grim Funeral to the Soul of this World も神秘的なメロディーを流しつつ、
Vo.は泣き寸前の高音絶叫など表情豊かに歌い上げます。

4. Sepulchral Existence も10分と大曲
こちらも異世界感漂う気味悪いトレモロリフが引っ張っていきます。

5. Ω はズッシリと響く重低音、フューネラル・ドゥームの様な退廃的な音が支配する
世界崩壊後なサウンドになっていますね。


Argar のメンバーが絡んでいるということで購入した作品ですが、
あちらがメロディックで聴きやすい作風であったのに対し、
こちらは大曲志向の暗黒・混沌としたブラックメタルです。
シャリシャリと砂嵐の様にノイジーなギターが奏でる
トレモロリフは不穏さ渦巻くもので、所々Darkspace を想起させますが、
あそこまで轟音でもないですね。
その神秘的な音使いも人間味のないものになっています。
ガナリ声、泣き寸前の絶叫などと表情豊かな歌唱を見せるVo.ですが、
ギター等他パートとの音の分離があまり良くないせいか、
より一層の混沌さを呈しています。この音はやはり意図的なんでしょうね。

正直Argar を気に入り、そういったサウンドを期待すると肩透かしを喰らうかもしれませんが、
暗黒・混沌としたブラックメタルを好む方なら気に入るかも知れない作品でしょうか。
満足度は73点くらいですかね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]