忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Carpe Diem.jpg

Heavenly / Carpe Diem
2009
Melodic Power/Speed Metal




フランス産メロディック・パワー・メタルの5thフル
ちょっぴりイヤらしいジャケットが印象的でもあります。


1. Carpe Diem は物々しいSEで幕を開け、ヘヴィーなリフ、タイトなドラムが登場
この辺りは前作「Virus」を思い出させますが、歌メロ、コーラスワークを聴くと
やはり昔からのHevenlyだと感じることができますね。美しいピアノの挿入も素敵です。

2. Lost In Your Eyes はイントロからクサさを振り撒くメロディーが堪能できるも、
所謂メロディック・スピードメタル的な疾走感はありません。

3. Farewell はピアノ主体のバラード
Ben Sotto の繊細なファルセットが印象的で、メタルと言うよりQueenっぽさを感じさせます。

4. Fullmoon はオルゴール、赤子の声にてスタート
またミドルテンポか・・・と思いきや、サビではスタスタと疾走を見せます。

6. Ashen Paradise は大仰なイントロがシンフォニックです。
やっとメロスパーが狂喜できそうな曲が来ましたね。
間奏前のギター・ベースのユニゾンに悶絶し、クサクサなソロへ雪崩れ込みます。

8. Ode To Joy はDark Moorの様なクラシックからの引用が見られます。

9. Save Our Souls では2ndの人気曲The World Will be Betterを彷彿とさせる
ギターが登場し、ニヤリとさせられます。

10. Playtime は国内盤のボーナストラック
ツインリードギターをフィーチュアしたインスト曲で、
本編とはあまり関連性を感じませんが、カッコいいですね。


前作「Virus」にて大幅なメンバーチェンジを行った結果、
演奏力がアップし、過去作に比べアグレッシブさを前面に押し出すようになりました。
本作は前作と同じメンバーにて作成
所々ヘヴィーさ・アグレッシブさを押し出す場面もあるものの、
やはり劇的なメロディー、キャッチーな歌メロを損なうものではなく、
昔からの彼ら(と言ってもBen Sottoしか残ってないんでしたっけ?)らしい作風
クサいメロディー、分厚いコーラスワークはお馴染ですが、
過去作品に比べると疾走感がかなり減退しており、
曲によってはメタルらしさを感じないものもあります。
その辺は好みの問題でしょうが、クサメタラーから崇められている名盤2ndの様な作風を
期待していた方(私含めてw)には歯痒いものかもしれません。

Ben Sotto自身が語る様に、偉大な先人達からの影響を色濃く感じさせるのも相変わらず
Queenを思わせるコーラスワーク、Helloween , Gamma Rayらのジャーマン・メタル勢
を彷彿とさせる明快なメロディー
そこへBen Sottoによる繊細(ヘナチョコ?)かつ突き抜ける様なハイトーンが乗ります。
やっぱ2ndが恋しいですね・・・
満足度は76点くらいでしょうか。


6. Ashen Paradise

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]