忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Sign of the Winner.jpg










Heavenly / Sign of the Winner
2001
Melodic Power/Speed Metal




フランス産メロパワ・メロスピバンドによる2ndフル
メタルを聴きはじめて間もない頃に購入した思い出の1枚でもあります。


1. Break The Silence は4分ほどのインスト
メロスピバンドによくある1曲目インスト→2曲目疾走チューン
という流れと比べると長いかなあ・・・と思えますが、焦らしプレイってことでしょうか。

2. Destiny はお約束通りのクサクサ疾走チューン
冒頭のアナウンスからクサメロを奏でるギターが登場し、
Ben Sottoによるハイトーンシャウトが突き抜けます。
散々焦らされたこともあり、クサメロの洪水にメロスパーが狂喜しそうな曲です。

3. Sign Of The Winner もサビをはじめとして、厚めのクワイアが用いられており、
非常にキャッチーな歌メロのおかげで聴きやすい曲になってます。

4. The World Will Be Better は疾走曲続きから一転して、
バラードかと思いきや、疾走していきます。
所々、Michael Kiskeを意識している様な歌い回しをみせますが、
圧倒的に力量不足な気もしますwこれはこれでいいですね。
なお、歌詞の方は中学生でもわかるような英語になっており、
曲の方と相まってか、昔友人にだせえ・・・と言われたことがあります。

5. Condemned To Die ではAndre Matosのようなしなやかな歌唱が聴けます。

9. Words Of Change はサビでの緊迫感が良い感じです。
ラストのサビでの畳掛ける歌メロとか、失笑寸前のシャウトもクサメタル的ですね。


クサメタラー、メロスパーの間で名盤扱いされている1枚ということで、
守護神伝時代のHelloweenやGamma Rayといったジャーマンメタルの
影響を強く感じさせるとともに、
イタリア産のシンフォニックメタル勢などに通じるクサメロも印象的です。
極めてキャッチーな歌メロ、厚めのクワイアを多めに用いた楽曲は、
非常に聴きやすいものになっており、歌モノとして楽しめます。
Vo.のBen Sottoは線が細いハイトーンの持ち主で、
Andre Matosのようなしなやかな歌唱を見せます。
所々、Michael Kiskeなんか意識している素振りを見せますが、
ヘナチョコになってしまっているのもクサメタル的で良いですねw
購入した当時はインストパートがやや長いかと思ってましたが、
今改めて聴いてみると、ネオクラシカルで魅力あるギターにも耳がいきます。
ただ、2~4曲目が強力なためかその後は、尻すぼみな感じがしないでもないです。
満足度は88点くらいですかね。


4. The World Will Be Better
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]