忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Last Station on the Road to Death

Hell Militia / Last Station on the Road to Death
2010
Black Metal




フランス産ブラックメタルの2ndフル
Mütiilation でお馴染のMeyhna'chがVo.を務めてますね。


1. Always the Same はナレーションを挟む短めのインスト

2. Born Without Light からタダならぬ狂気に満ちたブラックメタル
どんよりとダウナーな空気を垂れ流すスロー~ミドルテンポによるパート、
疾走パートのリフはMayhem / Freezing Moon を彷彿とさせカッコよし
勿論Vo. Meyhna'ch の存在感は異常・・・

4. Et in Inferno Ego も音自体はフレンチらしさを感じさせますが、
リフ自体はノルウェー産の様に感じられます。
疾走部に漂う焦燥感は異常・・・

5. The Ultimate Deception はジメジメと陰鬱なギターがいかにもフレンチ産、
不穏な空気を際立たせるベースラインも気色悪いです。

6. Fili Diaboli は一段とMeyhna'ch の禍々しい歌唱が際立っています。

9. Last Station on the Road to Death はジワジワと凶気に蝕まれていく様な曲
どうしようもないタイトル通りですね。
終盤のリードギターがなんともやるせなく、ダウナーな気分にさせつつ終了


フレンチ・ブラック界の魔王Meyhna'ch が関わっているということもあって、
ドロドロと不穏な空気を漂わすフレンチ・ブラック作品となっています。
ほとんどの曲がスロー~ミドルから疾走、又はその逆の流れ・展開を見せます。
スロー~ミドル部ではジメジメ・ドロドロとした質感によるギターが
重々しく垂れ流され、尋常ではない狂気に満ちた世界観を構築してますね。
一方、疾走部ではフレンチ・ブラックらしい出音をしていながら、
リフワーク自体はMayhem等のノルウェイジャン・ブラック勢を意識させる展開
この焦燥感を募らせるリフに、Meyhna'ch の禍々しいVo.、
不穏にうねるベースラインが重なることで不安感を一層煽ります。
やはりここまでの存在感を放つVo.は中々いないですよね。

タイトルを表現している(?)ジャケット、
アートワーク、ケースの構成なども凝ったものになってます。
Mütiilation も解散してしまったし、Meyhna'ch信者はこのバンドの今後に期待しましょう。
満足度は85点くらいでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]