忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

.Existenz.jpg










Heretoir / .Existenz
2009
Black Metal , Shoegaze




ドイツ産ブラックメタル、シューゲイザーの5曲入りEP、500枚限定仕様
Eklatanzなる人物が全パートを担当してるみたいです。


1. Erwachen im Dunkel はインスト
ノイジーに歪んだギターによる陰鬱なメロディーと、
その中に淡い光が差し込むようなクリーンなギターが聴こえてきます。
この感覚はJesuの「Silver」あたりに近い感覚でしょうか。

2. Ein Schrei in die Nacht はブラストビートを交えつつ疾走し、
Amesoeursの1st辺りを彷彿とさせる曲です。
ズンズン響くベースが心地よく、
ボーカルの方はNeigeの如き喉元から絞り出す高音絶叫スタイルです。
随所に登場するクリーンなギターに胸を掻き毟られるような感覚に陥るも、
その後の絶叫ボーカルに持って行かれてしまいますw

3. Verblasstは短めのインスト
切なげなアコギによる演奏に、囁くような声が乗ります。

4. Ausgeburt はいきなり怒声の如きガナリ声からスタート
本作の中でも一際デプレッシブな楽曲でしょうか。
そんな中にも、優しく包み込んでくるようなクリーンなギターに泣けてきますね。

5. Weltenwandler は吹き抜ける風のSEとともに、
数々の想いが去来する様な声が畳掛けます。
その後はアコギ+叫びが淡々と続いていく・・・
無音部を挟んで、ピアノによる曲が本作の終わりを告げます。


最近流行り(?)のシューゲイザー、ポストロック要素を感じさせるブラックメタル
その中でもNeigeによるAlcest , Amesoeursの影響を強く感じさせ、
更にデプレッシブ・ブラックの様なメロディーも登場します。
ノイジーに歪んだギターによる陰鬱、ダークなメロディー、
また、それに対比する淡い光が差し込む様なクリーンなギターが美しく、
哀愁を感じさせるとともにどこか懐かしげです・・・
その辺りはJesu辺りのシューゲイザーを彷彿とさせました(特に1曲目)。
ボーカルはNeigeの喉締め付け金切り絶叫スタイルでしょうか。
最早、人外な叫び声を上げています。
またブラストビートを交えたり忙しなく疾走する中、
ズンズンと響くベースが心地よく、若干の浮遊感を感じさせたりもしてました。
最近のシューゲイザー要素のあるブラックメタルが好きな方は気に入るかもしれません。
満足度は78点くらいですかね(如何せんEPでは物足りなく、フルで聴きたいですね)。


my space
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]