忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

A Hymn to the Ancient Souls.jpg
 

 







Hirilorn / A Hymn to the Ancient Souls
2009
Black Metal

 




フランス産ブラックメタルの音源集
1997~2004年にリリースされたデモ、EP、split音源等を収録
同時にリリースされた2作品同様に500枚限定2LP仕様


1~5曲目は1997年発のデモ「A Hymn to the Ancient Souls」

1. Return of the Druids は異界と通信していそうなダーク・アンビエント曲
と言ったところでしょうか。

2. Häxan (Omen of the Witches) は軽快なノリで開始するも、
雲行きが変わった様に暗く哀しげなメロディーへと展開
Rawなドラムが何気にカッコ良し

4. Where Lightning Strikes Eternally は彼らならではのリードギターが
随所でドラマティックに楽曲を盛り上げます。
途中アコギ等による静寂のパートを挟んでおり、
起伏のある展開は1stフルに通じますね。

5. Astral Entities は荒涼とした平原が浮かんでくるインスト曲


6曲目はMerrimack とのsplit音源より

6. Pagan Fears (Mayhem cover) 御存知Mayhemの名盤より
他曲に比べると極悪・殺伐とした音質・演奏になっており、
Mayhemのカヴァーとして上手く溶け込んでいます。


7~8曲目は1999年発のEP「Depopulate」より

7. The Guardian of the Final Plague はMayhemの様な圧迫感のあるリフが登場
また、Mikko加入以前のコールドなプリミティヴ・ブラックをやっていた
Deathspell Omegaを想起させる場面も

8. Onward to the Kingdom of Light は乾いたドラムによる出だしから、
荘厳さ・フレンチらしい耽美なトレモロリフが切れ込みウットリさせられますね。
その下で不穏にうごめくベースラインも光ります。
気がつけばあのクサイと形容できそうなリードギターが曲を引っ張っています。


9曲目は2003年のManitu とのsplit音源より

9. Blasphemous Forces はデロデロと這いまわるリフに、
不吉さ・混沌とした空気を見出すことができ、最近のDsOへの影響もあるんでしょうか。
また、泣き・哀愁のリードギターを見事に盛り込んでおり悶絶・・・


10~12曲目はライヴ音源「Revenge Is Near」より

ライヴ音源の様ですが、歓声等は曲の終わりくらいしか聞こえません。
1stフル収録の10. The Legion that will Never Fall で悶絶・・・


1997~2004年リリースの音源が集まっているということもあり、
音質は勿論のことながら作風にも若干の変化・違いが見られます。
Mayhem のカヴァーをやっていることもあり、
殺伐としたノルウェイジャン・ブラック然とした楽曲もあれば、
1stフル「Legends of Evil and Eternal Death」同様のリードギターが
グイグイと引き込んでいくドラマティックな展開を取り入れた曲もあります。
やはりあの独特のリードギターにのめり込みたいタイプの人間としては、
1stフルの方が好きだったりもします。
曲によってはMikko 加入以前のDeathspell Omegaの様な
コールドでメロディックなプリミティヴ・ブラックを貫いたものもありました。
満足度は85点くらいでしょうか。

myspace
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]