忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Envaatnags Eflos Solf Esgantaavne.jpg










Horna / Envaatnags Eflos Solf Esgantaavne
2005
Black Metal




フィンランド産ブラックメタルの4thフル


1. Vihan Tie はチープなドラムと共に疾走する中、
怪しくうねるトレモロリフが絡みついていきます。
暗く哀しげ、独特の哀愁を漂わせる泣きのメロディーが胸を打ちます。

2. Musta Temppeli はスローな出だしに押し潰されそうになりつつも、
次第にフィンランド産らしいノリを見せつつアップテンポに進行

4. Kirous Ja Malja は男臭さも漂うオールドスクールな1曲

6. Kuoleva Lupaus はまさにフィンランド産と言った感じの良曲
胸が張り裂けんばかりの哀愁漂うギターに、情念を込めたガナリVo.が迫る様に悶絶
慟哭をあげるトレモロにもグッときますね。

8. Kuilunhenki は怪しげなメロディーが焦燥感を募る様に迫るパート、
ズンズンとオールドスクールに進行するパートをシフトさせてきます。


時にフィンランド産らしいノリを持ちつつ、
オールドスクールなブラックメタルを徹動徹尾貫いています。
適度なポンコツ臭を漂わせるドラムなどプリミティヴ・ブラック然としていながらも、
それほど音質も悪くないためか聴きやすく、
仄かに香るメロウなメロディーが割と前面に押し出されていますね。

基本的にミドルテンポ主体で進んでいく中、
ガシャガシャとRawな質感のドラムに、硬派なオールドスクール臭漂うリフ、
喉元から苦しげに絞り出す中音域ガナリVo.が乗るスタイル
メロウさと言うか、フィンランド産らしい哀愁漂うフレーズが良いですね。

Satanic Warmaster, Behexen, Sargeist 辺りのフィンランド産ブラックメタルを好む方、
メロウさを滲ませたメロディックなプリミティヴ・ブラックを好む方に薦めたい作品
これらのフィンランド産ブラックメタルの区別が容易につく様になれば、
結構なフィニッシュ・ブラックフリークではないでしょうか。
私はほとんど区別つかないですけどね・・・
目新しさこそないですが、それがどうした、と言わんばかりの奇をてらわないスタイル
満足度は78点くらいでしょうか。


6. Kuoleva Lupaus
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]