忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Ugra-Karma.jpg










Impaled Nazarene / Ugra-Karma
1993
Black Metal




フィンランド産ブラックメタルの重鎮による2ndフル
↑のジャケ画像は1996年再発盤のもので、2曲追加されてます。


1. Goatziedからしていきなりの煩さに驚きます。
切羽詰まった感じでテンション高く叫ぶボーカルに、
ガシャガシャ煩いボーカルと盛り上がってますが、まだ1分程度のイントロです。

2.The Horny and the Hornedからしてクライマックス
Mika Pääkköの気合いの入った掛声から、
低音のギターによる背徳的なリフ、ズダダダ重々しく疾走するドラム、
ベリベリと力強く掻き鳴らされるドラムが重苦しい雰囲気を作り出しています。
中盤、民謡的なフレーズが挿入され、そこからボーカルの絶叫と共に前半同様の展開へ

4. Chaosgoat Lawはボーカルの絶叫がギャアアアアと木霊します。
また、リフは2曲目に比べると若干の哀愁を感じます。

5. Hateも2曲目並の名曲
今までほとんど登場しなかったKeyの存在がデカく、
うっすらと寒々しいフレーズを被せてきます。
途中にセリフの様なものもありますが、よくわからん・・・

8. Soul Rapeはノリノリなリズム、スラッシーなリフと突き進み、
メタルとしてのカッコよさをも感じることができる1曲です。

9. Kali-Yagaはイントロなどベースが主張してます。
8曲目同様スラッシュメタル的なリフ、リズムがカッコよく、
ノリやすい曲になってます。


Beheritと共にフィンランドが誇るブラックメタルの重鎮が生んだ名盤とされています。
ズッシリとしたドラム、力強く繰り出されるベースは重苦しさを演出し、
2 , 5曲目では背徳的なギターのメロディーが素晴らしいです。
ボーカルは終始テンション高めのガナリ声で、
勢いのある楽曲を更に盛り上げています。
いきなり高音の奇声を上げたりして驚かされることもあります。
個人的に気に入ったのは2 , 5曲目で5曲目の冷んやりとしたKeyをもっと聴きたかったです。
いや、これくらいのバランスだから良く感じたのかもしれませんね。
2曲目では民謡のようなフレーズも登場しています。
また、後半の曲ではスラッシュメタル的なノリを感じさせる部分があり、
メタルとしてのカッコよさを感じさせ、ノリやすいものになっています。
満足度は89点くらいでしょうか。


2.The Horny and the Horned
5. Hate
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]