忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Procella Vadens.jpg









Imperium Dekadenz / Procella Vadens
2010
Black Metal




ドイツ産ブラックメタルの3rdフル


1. Die Hoffnung stirbt... は美しいピアノによるインスト

2. Lacrimae Mundi は一筋の光も差し込まない絶望に包まれていながらも、
胸を締め付ける哀愁を垂れ流すトレモロリフが素晴らしい1曲
よくいる辛気臭いデプレッシヴ・ブラック勢とはまた異なるスタイルでしょうか。

3. A Million Moons は10分超えの大曲
物悲しく哀愁を紡ぐトレモロリフに擦り切れる様なガナリ声が乗っていきます。
終盤は不穏さを放つノッソリとしたドゥーミーな展開へ

5. À la nuit tombante は風が吹き荒れるダーク・アンビエント的な出だしで、
寂しげながらも温かみを感じさせるアコギを主体としたインスト曲
Woods of Desolationの1stなんかを思い出させます。
神秘的なシンセを交えつつ進行

6. An Autumn Serenade はドラマティックなピアノから始まりGrisを彷彿とさせます。
ほんのり漂うシューゲイザー的残響感が新世代ブラックメタルの匂いを残しますね。

8. The Descent into Hades は物々しいドラムで幕開け
エスニックな女性Vo.、不思議なシンセが幻想的な世界を演出

9. Procella Vadens は哀愁を垂れ流すトレモロリフに、
やり場のない慟哭Vo.が突き刺さるデプレッシヴ。ブラック曲

10. ...wenn der Sturm beginnt は本作の幕を引くピアノによるインスト


スロー~ミドルテンポ主体で進む楽曲が大半を占め、
ひたすら暗く物悲しいサウンドを垂れ流すデプレッシヴ・ブラックメタル
そんな中にも、胸を締め付ける哀愁のトレモロリフの出番が多いことから、
デプレッシヴ・ブラックはあまり聴かない私でも楽しめる内容でした。

昨今多い狂気に塗れた病的な音像を示すデプレッシヴ・ブラックとは違い、
独特の哀愁を紡ぐ旋律、トレモロリフをはじめとして、
美しくリリカルに主張するピアノ、シンセ、温かみを感じさせるアコギ、
エスニックなムードを漂わせる女性Vo.などを交えたドラマティックな展開のおかげか、
退屈せずに聴き通すことができました。
曲によってはドゥームのように重々しく救いようのない様を描いています。
擦り切れる様なガナリ声Vo.もカッコよく、
9. Procella Vadens での熱唱(?)が光ります。

Woods of Desolation、Drudkh、Gris辺りを好む方に薦めたい作品です。
満足度は83点くらいでしょうか。


6. An Autumn Serenade
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]