忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Heart of the Ages.jpg









In the Woods... / Heart of the Ages
1995
Black Metal




ノルウェー産ブラックメタルの1stフル


1. Yearning the Seeds of a New Dimension から12分を超える大曲
宇宙と交信している様な神秘的なシンセで始まり、
そこから視界が開けた様にゆったりとアトモスフェリックなシンセが切れ込みます。
もの悲しげなリードギター、朗々としたクリーンボイスが登場し淡々と進行
発狂気味のVo.も突き刺さる様な質感で迫ります。

2. Heart of the Ages も神秘的なシンセ、SEで始まり、
ミドル主体で力強く叩かれるドラムをバックに、
雄大で美しい自然が思い浮かんでくるサウンドで畳みかけます。
ちょっぴりドゥーミーな空気も漂います。

3. ...in the Woods ではゴリゴリとメタル的な刻みも登場
更にノルウェイジャン・ブラック的な邪悪なトレモロも

4. Mourning the Death of Aase はインスト
1曲目同様のメロディーに女性コーラスが被さります。

5. Wotan's Return は吹雪のSEに辺境の地を思わせるメロディー、
ノイジーなギターによるリフが乗っていきます。
乱暴に暴れまわるドラム等、本作でもアグレッシヴな1曲

6. Pigeon は悲壮感漂うピアノが美しいインスト曲

7. The Divinity of Wisdom は終盤の泣きのリードギターが壮絶・・・
ラストはよくわからんSE、ノイズで終了


以降はヴァイキングメタル、プログレッシヴな方面へと傾倒していくようですが、
本作はアトモスフェリックなブラックメタルとなっています。
トレモロリフを用いていますが、ブラックメタル特有の邪悪さ・荒涼館と言うよりは、
哀愁・郷愁の念が前面に押し出されており、
物悲しく叙情的なメロディー、
儚げ・朗々としたクリーンボイスと共に胸を締め付けられます。
そんな中にもノルウェイジャン・ブラックらしい邪悪さが滲み出るリフもありますね。
また、神秘的・アトモスフェリックなKey.の出番も多く、
薄らと薄霧がかったような装飾は、
人の足が踏み入れることのない奥地にひっそりと存在する湖、
霧がかった幻想的な湖畔の風景を想起させます。
まんまジャケット等アートワークの世界観を体現したサウンド
どこかドゥーミーな空気も漂いますね。
ゆったりとスロー~ミドル主体で進行する楽曲を支えるドラムは
力強く音質も悪くはないですね。
Vo.は朗々としたクリーンボイス、
高音で喚き散らすブラックメタル声、
美しく被さる女性Vo.、コーラスを使い分けています。

7曲で60分近い大作志向となった作品ですが、
途中に短めのインスト曲を挟んだりと、上手く構成されていると思います。
Ulver の1st をよりアトモスフェリックにした様な作風でしょうか。
ストレートなブラックメタルを期待すると肩透かしを喰らうかもしれませんが、
アトモスフェリックなブラックメタルの名盤として高く評価されているので、
とりあえず聴いてみるのもいいかもしれません。
満足度は91点くらいでしょうか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]