忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Shadow of the Red Baron.jpg










Iron Mask / Shadow of the Red Baron
2009
Neo-Classical , Melodic Power/Speed Metal

 




ベルギー人ギタリストDushan Petrossi率いるプロジェクトの3rdフル
前作同様にOliver Hartmannがゲスト参加(1曲のみ)してます。
ジャケがIron Maidenっぽいような・・・


1. Shadow of the Red Baron はジャケ通りの戦闘機が飛び交うようなSEで開始
メロパワ好きにも受けそうな疾走チューンになってます。
ソロではYngwieのI'll See the Light Tonightを思わせるペダル奏法へ雪崩れ込みますが、
あんまり上手くないw(私が言えたことではないかもしれませんが)?

2. Dreams はOliver Hartmannがリード・ヴォーカルを務めてます。
そのせいかわかりませんが。At Vanceっぽく聴こえますね。
間奏後のエモーショナルな歌いっぷりには流石・・・と唸らされます。

3. Forever in the Dark は漢達による分厚いコーラスパートから始まる
ミドルテンポで進んでいく正統派メタルアンセムです。
これNils Patrik Johanssonに歌わせたらハマりそうですね・・・
想像しただけでニヤニヤしてきたw以前感じさせたB級感は皆無です。

5. Black Devil Ship は波の音、海鳥達の鳴き声によるイントロでスタート
異国のムード漂うメロディーが印象的です。

7. We Will Meet Again はRoyal Hunt / Message to God か?
と思えるベースラインが登場します。
歌メロの方もRichard Anderssonの何かで聴いたことがある様な・・・

9. My Angel Is Gone は女性による神々しいコーラスでスタート
後光が射しているかの如き雰囲気です。壮大さも感じさせるバラードですね。

11. Ghost of the Tzar はデスボイスによる歌唱なんかを交えた
ヘヴィーかつダークな1曲です。
Dushan Petrossi のギターはAlchemy時のYngwieっぽさを感じさせます。


Dushan Petrossiによるプロジェクトと言うことですが、
ギタリスト1人による作品と言う印象は薄く、バンドとして楽しめるのも前作同様
その前作2nd「Hordes of the Brave」ではほんのりB級感漂う
ネオ・クラシカルなメロパワを披露していたのに対し、
本作はより力強いメロディック・パワー、正統派メタル的アプローチを感じます。
ギターソロはYngwieフォロワーなネオ・クラシカルフレーズですが、
そんなに弾きまくるということもなく程よいバランスでしょうか。
ただ、Dushan Petrossiのプレイは正直そこまで・・・w
Vo. Goetz "Valhalla Jr" Mohre は中々に上手く歌えるシンガーで、
ゲストのOliver Hartmannにも決して引けを取らない実力派なのも嬉しいですね。
歌モノとして楽しめる楽曲になってます。
まあ、前作が強力だったので一聴しただけだと地味に映りましたが、
それなりに楽しめています。欲を言えば強力なキラーチューンが欲しかったですね。
At Vance , Space Odysseyなんかが好きな方は気に入るかもしれません。
満足度は75点くらいでしょうか。


3. Forever in the Dark

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]