忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Silver.jpg










Jesu / Silver
2006
Shoegazer , Post Rock




元Napalm Deathなどでの活躍でも知られるJustin K. Broadrick による
シューゲイザー、ポストロックの4曲入りEP
国内盤もリリースされており、そちらはボーナストラック2曲を追加


1.Silver はジュワアアアと歪みまくったギターが登場し、
ジャケの様な霧深き情景が浮かんできます。
ミニマルに進行する中、光が差し込めてくる様なシンセの音といい
神秘的というか神々しさまで感じますね。

2. Star は一転してアップテンポで軽快さを感じさせる曲
Justin K. Broadrick 自身が「世界で最もへヴィなポップ・ミュージックを鳴らしたい」
と言っている通りのサウンドだと思います。

3. Wolves はBurzum / Comhet 2歩手前の様な鬱然としたシンセで幕開け
クリーンボイスによるVo.もどことなく寂しげな印象を与えますね。

4. Dead Eyes は幻想的なシンセが随所に挿入されたインスト曲


国内盤には1 , 3曲目の別.verがボーナスとして収録されています。


歪みの効いたギターが重々しく迫り、
ジャケにあるような霧深き情景、寂しげな光景を想起させます。
なお、このCDジャケットもJustin K. Broadrick によるものだそうで、
アートワーク、音世界が織りなすイメージ両方を堪能できました。
中ジャケの方もほとんどモノトーン、延々と広がる平原の写真なんかが収められてます。
ミドルテンポで淡々・ミニマルに進むリズム(曲によってはアップテンポ)に、
随所に顔を出す光が差し込めるかのようなシンセ、
クリーンボイスによる薄らとした美声なんかが乗りつつ進行
この手のジャンル特有の幻想的・感傷的サウンドを堪能できる一方で、
やはり心のどこかではジャケに象徴される寂しげ・悲しげなイメージを抱えさせます。
所々アンビエントっぽく感じる部分もありました。
ミニマルな曲展開が苦手な方でも
シューゲイザーが好きな方なら楽しめるかもしれません。
満足度は83点くらいでしょうか。


このジャンルはブラックメタル人脈関連しか知らないので、
色々調べてみようかとも思っています。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]