忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

The Last Viking.jpg










Johansson / The Last Viking
1999
Neo-Classical



スウェーデン出身のJohansson兄弟によるソロ3rdフル
Silver Mountain , Yngwie J Malmsteenでの活躍で知られる
おなじみの兄弟がKey.とドラムを担当しているのは勿論のこと、
Vo.にGöran Edman , ギターにMichael Romeoを迎えたなんとも豪華なメンツです。


1. The Last Viking はKey.にリードされた北欧様式美チューン
Göran Edmanのクリアな声質が一層北欧臭を漂わせてます。
また、ソロではJens JohanssonとMichael Romeoによる掛合いがあり、
ネオクラ好きには堪らん展開かもしれません。

2. Burning Eyesはアップテンポなチューン
オルガンの様な音色が一昔前の様式美メタルを思わせます。

3. Valhall Scuffle はスリリングなインスト
Anders Johanssonにとる手数の多いドラムもフィーチュアされてまずが、
Michael Romeoのギターはそれほぞ前面に出てこないのが残念・・・

4. Fading Awayはダークでもの哀しげなバラード
Göran Edmanの表現豊かなボーカルが印象的です。

7. Samuraiは国内盤に収録されているボーナストラック
日本人向けということで(?)キャッチーな疾走曲になっています。
侍ってこんな風に思われてるんでしょうか・・・私もよくわかりませんがw

8. Close to You はKey. によるリフが印象的
ソロはやはりスリリングでありながら、歌モノとしても楽しめます。

10. Winter Battle はインスト曲で、曲名から期待がもてます。
序盤はゆったりと進んでいきますが、それは嵐の前の静けさ的なもので、
中盤いきなりギターと鍵盤のスリリングな掛合いがはじまります。


1st 「Sonic Winter」ではフュージョン寄りの音楽性でしたが、
本作はネオクラ、様式美メタルど真ん中のサウンドになっています。
豪華メンバーによる演奏はスリリングでありながらも、
各曲ともにキャッチーな歌メロのおかげで聴きやすい仕上がりです。
Vo. Göran Edman のクリアな声質による歌唱は一層北欧臭を漂わせてますね。
正直そこまで上手いシンガーだとは思いませんが、
この声は大きな武器だと思います。
各曲ともJens JohanssonによるKey.が主役といった感じで、
Romeoファンとしては彼の活躍をもっと聴きたかった部分はあります。
あと、残念なのは音質があまり良くない点ですね・・・勿体ない。
誰かしらメンバーのファンなら楽しめる作品ではないでしょうか。
満足度は83点くらいですかね。
Silver Mountainはまともに聴いたことないですが、今度買ってみるか。


1. The Last Viking
7. Samurai
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]