忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Dethroned, Conquered and Forgotten.jpg










Judas Iscariot / Dethroned, Conquered and Forgotten
2000
Black Metal




アメリカ産ブラックメタルの5曲入りEP
2000年発ということで、5thと6thの間にリリースされた作品ですね。


1. Descent to the Abyss はMütiilation辺りを思わせる不吉なイントロから一転、
清々しいまでのテンションで爆走していきます。
適度に薄っぺらなドラムが凄まじいことになっていますね・・・

2. Benevolent Whore, Dethroned for Eternity も小細工なしのファストな曲
相変わらずの暗黒リフとこの程よいチープサウンドがマッチしており、
寒気を感じさせます。
地獄の底から捻り出てくる様なガナリ声もカッコ良し

3. Journey Through Visions of War は前2曲とは打って変わってミドルテンポで幕開け
と思ったら終盤はブラストビートとともに爆走

4. March Upon a Mighty Throne はスローテンポなインスト曲
ジリジリとしたギターが荒涼・殺伐とした風景を想像させます。

5. Spill the Blood of the Lamb (Special Blitzkrieg version) は
5th「Heaven in Flames」収録曲
こちらの方がヤケクソ染みたファストさを感じますね。


収録曲5曲のうち半分以上がファストなプリミティブ・ブラックメタル
それも並の飛ばし方ではなく、ヤケクソ染みた速さを堪能できます。
スコスコと程よくチープな音質のドラムは凄まじいブラストビートを放ち、
過去作同様の暗黒リフは、この音質のおかげか適度な寒々しさを感じさせますね。
ヴォーカルは正に地獄から湧きあがる様なガナリ声でカッコ良し
5th「Heaven in Flames」辺りと比べると、荘厳さは減退してますが、
こちらの方が聴きやすいという人もいるでしょうね。
3 , 4曲目では陰鬱とした雰囲気重視の作風を堪能できます。
残りの曲は清々しいまでのブッ飛ばしっぷりなのが面白いですが・・・w
満足度は84点くらいでしょうか。


1. Descent to the Abyss
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]