忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

To Embrace the Corpses Bleeding.jpg









Judas Iscariot / To Embrace the Corpses Bleeding
2002
Black Metal




今は亡きアメリカ産ブラックメタルの6thフル


1. I Awoke To A Night Of Pain And Carnage はチープな音質でファストに飛ばします。
殺伐・混沌とした空気を運ぶトレモロリフがやはりカッコよく、
その中にもメロディアスな部分もあり聴きやすいです。
音自体はかなりアンダーグラウンドですけどw

2. Bathed In Clouds Of Blood も爆走
より高音寄りで刻まれる軋むようなトレモロが胸に突き刺さります。

5. In The Valley Of Death, I Am Their King は一転して荘厳なKey.の音が登場
後半はやはり疾走しますが、メンバーが関係してるからかNargarothに近い音ですね。

6. With Lust And Murder For Our Drink も一段と飛ばしています。
仄かに香るメロウなメロディーが良いです。

7. Behold The Lamb Of God Descending は泣きのトレモロが登場
殺伐とした空気の中でのコントラストにより、くっきりと迫りますね。


名盤と言われている5thの後にリリースされた
EP「Dethroned, Conquered and Forgotten」の流れをくんでか、
清々しいまでの爆走、ファストな畳みかけを見せてくれます。
ブラストビート、ツーバス疾走とともに勢いよく走るドラムに連れて、
身を刻む様に迫る殺伐としたリフがカッコ良しです。
ドラム、ギター共々音自体は結構チープで、
アンダーグラウンドな空気を演出するプリミティヴ・ブラックな音像
殺伐とした雰囲気に呼応するかのようなVo.も本作に合ってますね。
そんな中にもメロウなメロディーを放つギターにやはり反応してしまいます。
ファストな曲主体の構成ということもあってか、割と各曲ともコンパクトに纏まってます。

このバンドを聴くならまずは5thか本作を薦めたいところです。
Krieg , Katharsis , Nargaroth等を好む方は気に入りそうな作品
満足度は84点くらいでしょうか。


1. I Awoke To A Night Of Pain And Carnage
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]