忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Diotima.jpg









Krallice / Diotima
2011
Black Metal




アメリカ産ブラックメタルの3rdフル


1. - は短めのインスト
生々しいハウリング音の後、直ぐに訪れる濁流からKralliceの世界全開

2. Inhume は背徳感を煽るようにうねるメロディー、
中低音で吐き出される獣の如き咆哮が何とも怪し気
Nightbringerさながらの超高音トレモロリフも登場

3. The Clearing より以降4曲は10分超の大曲
バシバシと力強く躍動感に満ちた跳ね回るようなドラミングに、
ノイジーな轟音トレモロが織り成す激情のポスト・ブラックメタル曲

5. Litany of Regrets は巧みにテンポチェンジを繰り返す予測不能な展開に、
360度全面から殴るように迫り来るトレモロリフに翻弄され続けます。
クリーン寄りのトーンも登場し琴線を刺激

6. Telluric Rings は胸をときめかせる泣きの高音トレモロの応酬が強力
背後で不穏にうねりをあげるベースラインと交わり、濁流となって迫ります。


Wolves in the Throne Roomと並んでUS産新世代ブラックメタルを
牽引する存在となりつつあるKralliceの3rdアルバム

ブラストビートを交え爆走しつつ、
縦横無尽に駆け回り跳ね回るトレモロリフが渾然一体となり、
濁流となり一気に押し寄せてくる圧巻のサウンド
この辺りは過去の作品とほぼ同様に流れを汲んでおり、
ブラックメタルらしい禍々しさ、寒々しさはほとんど感じられず、
寧ろ胸を掻き毟る激情のハードコアに通じる部分もあるでしょうか。
相変わらず予測不能なアバンギャルドな曲展開に目が回りそうになるも、
とっつき難さはそれほど感じさせないのは不思議・・・
ほとんどインストものとして聴いている様な感覚ですね。
時折、背徳感をにじませた不穏なメロディーを垂れ流すのもよいアクセント

自分は2ndアルバムの方が好きですが、
それもはじめて聴いた作品だからかもしれません。
Woe、Wolves in the Throne RoomなどのUS産新世代ブラックメタルを好む方に
薦めたい作品ですね。
満足度は85点くらいでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]