忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Journey... Two years and a fragment.jpg










LíAM / Journey... Two Years And a Fragment
2008
Black Metal , Shoegazer , Post Rock




ドイツ産シューゲイザー、ブラックメタルの1stフル
お馴染 Pest Productionsから1000枚限定でのリリース
レーベルによると、2007年、2008年のEPから収録したもののようです。


1. Born は正に最近流行のシューゲイザー影響下のブラックメタル的サウンド
トレモロによる残響が尾を引く中、シンセが絡んでいきます。
高音で咽ぶ様なギター、ポストロック的な躍動感を備えたドラムが心地よいです。
モロにAlcest 影響下と言えそうなインスト曲

3. A Decision もAlcest 直系のサウンド
跳ねる様なベースラインが主張する中、幾重にも重なるギター等が
この手のジャンル特有の得も言われぬハーモニーを生み出しています。

6. Debris は漸くVo.入りの曲
前曲までとは打って変わって、ズッシリとしたリズム隊、
どんより尾を引く様なギターリフがドゥーミーに迫ってきます。
Vo.はネガティブなガナリ声スタイル主体ですが、淡いクリーンボイスを被せてきたりも
バチバチとノイズの様なものによる演出も登場

7. Etienne は15分近い曲
スローでノッソリ進んでいき、孤独感に包まれていきますね・・・

8. Particles は本作で最も気に入った曲
幻想的ですらあるシューゲイザー・ブラックメタル王道をいく楽曲に
胸を締め付けられますね。


最近流行りのシューゲイザー、ポストロック影響下のブラックメタル作品
と言っても、そのほとんどがインスト曲であり、
ブラックメタル臭はそれほどしない作風になっています。

ミドル中心で叩かれるドラムは躍動感に満ちており、
活力、生命の瑞々しさを感じさせ、個人的に好みな音です。
そこへ柔らかな轟音が包み込むように迫ります。
更に高音で掻き鳴らされる残響感溢れるトレモロなどが幾重にも重なり、
得も言われぬハーモニーを形成していき、独特の浮遊感を漂わせますね。
時折跳ねる様なベースラインが主張する場面もありました。

後半のPART II ( 6-8 曲目) はPART I では見られなかった
デプレッシブ、ドゥーミーな一面が姿を表します。
ネガティブでやるせなさを吐露するようなガナリ声Vo.、
薄らと被さるクリーンボイスをスイッチさせています。
どうしようもない孤独感に包まれそうになる中、
ノスタルジーに浸れるメロディーが差し込んでくるのが良い感じ

この手のAlcest 直系サウンド、及びシューゲイザー影響下の
デプレッシブなブラックメタルを好む方は何かの注文のついでにでもいかがでしょうか。
満足度は77点くらいですかね。

web拍手
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]