忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

The Onslaught.jpg










Lazarus A.D / The Onslaught
2009
Thrash Metal




アメリカ産スラッシュメタルバンドによる1stフル
2007年にLazarus名義でリリースされた自主制作アルバムに
リミックス、リマスターを施し、2009年にリリースされたもの
先日のLOUD PARK 09 で早速来日してくれました。


1. Last Breath からして強力
これでもかと押し寄せる怒涛のギターリフ、タイトな演奏を決めるリズム隊(特にドラム)に
グイグイ惹きこまれていきます。ドタバタとした勢い、荒々しさで乗り切るというよりは、
良く練られた整合性を感じさせるリフ、それを支える硬質なプロダクションで迫ってくる感じ

2. Thou Shall Not Fear は恐らく現時点における彼らの代表曲
ミドルテンポのグルーヴ感漂うイントロから、ゴリゴリとスピード感のあるリフへ展開
デスボイス1歩半手前の吐き捨てヴォーカル、男臭いコーラスもむさ苦しくカッコ良し
スウィープ等テクニカルなソロも登場し、盛り上げてくれます。

3. Damnation for the Weak はブラストビートで疾走するドラムに、
摩訶不思議でダークなメロディーを奏でるギターが絡むイントロがカッコいいです。

5. Revolution は若干荒々しくスラッシーなリフなどアグレッションに富んだ曲

10. Who I Really Am は不穏なメロディーを奏でるギターが他とは違う印象
ほんの少しメロディック・デスっぽさも感じさせました。


目新しさはあまり感じられないものの、新人の作品とは思えないクオリティーの高さ
「Thrash or Die」という信念を掲げていることからもわかるように、
正統派スラッシュメタルサウンドを行く作風でありながら、
正統派Heavy Metal好きな方にも訴えるものがありそうです。
スラッシュメタルはそんなに聴かない私でも十分楽しめました。
勢いに頼らない入念に構築されたリフワークが怒涛の如く押し寄せ、
それを支える硬質なプロダクション、メンバーの確かな演奏力も頼もしいです。
リフだけでなく、テクニカルな速弾きを聴かせてくれるソロも魅力的ですね。
ヴォーカルはデスボイス1歩半手前くらいの吐き捨てスタイル、
時折男臭いコーラスも登場
また、ドラムもしっかりしており、時にブラストビートも用いています。
モダン・ヘヴィネスっぽさを感じさせる部分があり、
ただ昔のスラッシュメタルのまんまというわけではなさそう。
ただ、3曲目までに強力な曲が集まっている気がしました。
満足度は82点くらいですかね。


2. Thou Shall Not Fear
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]