忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Circus Colossus.jpg










Leverage / Circus Colossus
2009
Melodious Hard

 




フィンランド産メロディアス・ハードの3rdフル
国内盤はボーナストラック2曲を追加


1. Rise は2分弱のインスト
映画のサントラの如き壮大さ溢れる曲で、大海原を行くシーンなんかが浮かんできます。

2. Wolf and the Moon はキラーチューン
ザクザクと割とヘヴィーな質感を纏ったリフ、
Nightwishと言うと大袈裟かもしれませんが、シンフォニックな世界観
そこへPekka Heino のエモーショナルなメロハー歌唱が畳掛けます。
間奏では台詞、悲哀感のあるコーラスなんかも登場し、ギターソロへ
ドラマティック極まりない曲です。

4. Worldbeater もザクザク刻むリフにモダンさを感じます。
流麗なギターソロも北欧感漂いカッコ良しです。

5. Rider of Storm は間奏でのギターとKeyの応酬が熱い曲
少しEternal Tears of Sorrowっぽい部分もあったり・・・

7. Revelation もギターソロがカッコ良しです。
ペンタ主体の構成で、テクニカルながらも熱い情熱を感じます。

8. Don't Keep Me Waiting はピアノをバックにした切なげなバラード
Pekka Heino のメロウさを滲ませた歌唱も見事です。

9. Prisoners はドイツのAxxisに北欧臭をプラスしたようなキャッチーな曲
これまたソロが熱いですw


disk unionの店頭にて1~2曲目が流れているのを聞いて衝動買いしました。
国内盤も出ているとは知らず、輸入盤を買ってしまったのは誤算でしたorz
北欧の中でもフィンランド産らしい憂い・哀愁を強く帯びたメロディアス・ハードですが、
Nightwish2歩手前くらいの壮大華麗なシンフォニックアレンジが施されていたり、
ほんのりとプログレッシブ臭がしたり、
ザクザク刻まれるリフなんかにはモダンなヘヴィーメタルらしい質感なんかを感じます。
そんな様々な要素を感じさせる楽曲群でありながら、全く散漫な印象はなく、
素晴らしい仕上がりになっているのが凄いです。
Pekka Heino によるVo.は目茶苦茶上手いという程ではありませんが、
憂いを帯びたメロハー歌唱がピッタリと曲にハマってますね。
また、ギターソロも充実しているのが、ギターを練習している身としては嬉しいです。
テクニカルでスリリングさをも感じさせるものでありながら、
クドさはなく、熱くエモーショナルに弾き倒していると言った感じでカッコいいです。
Keyとの応酬なんかも見どころの一つですね。
とにかく、1~2曲目の流れが強烈でした。
このバンドは本作で初めて知ったんですが、過去作もこんなに素晴らしいんですかね。
なんかべた褒めな気もしますが、まあいいでしょうw
満足度は90点くらいですかね。


2. Wolf and the Moon

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]