忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Moon in the Scorpio.jpg










Limbonic Art / Moon in the Scorpio
1996
Symphonic Black Metal




ノルウェー産シンフォニック・ブラックメタルの1stフル
シンフォニック・ブラックにおける歴史的名盤のような扱いを受けていますね。


1. Beneath the Burial Surfaceから13分超の大曲
宇宙を感じさせる不思議なSEから入り、Keyが導入されます。
その後はスタスタ疾走しつつ、スぺーシーなKey、
ノイジーなギターによる暗黒耽美なブラックメタルを展開していきます。
ボーカルの音量が若干デカい気がしますね。
終盤のヒョーヒョー叫ぶボーカルがなんとなくツボですw
鐘の音、不穏な物音とともに終了・・・

2. Moon in the Scorpioも鐘の音を用いたイントロから荘厳な印象を受けます。
不気味に笑いあげるボーカルなども登場しつつ、
やはりKey主体で進んでいきますが、1曲目よりギターが目立っているように思いました。

4曲目は1分程度の曲
儀式の様子を思わせる歌声、ラストは1曲目のイントロと同様です。

5. In Mourning Mystiqueは14分超のキラーチューン
クリーンボイス、ガナリ声、女性ボーカルが交互に登場し、
他曲同様にスぺーシーなKey主体で進んでいきます。
テンポがスロー~ミドルに落ち込んだパートの美しさと言ったら・・・


全7曲ですが、長尺の曲が多くお腹一杯です。
なんといってもスぺーシーなKeyが曲の主導権を握っており、
荘厳かつ、暗黒耽美な世界観を構築しています。
広大な宇宙を想像させるサウンドという意味では、
Darkspaceと共通ですが、あちらのような混沌としたイメージはないですねw
鐘の音、不思議なSE、鳥(?)の鳴き声、女性ボーカル、クリーンボイスなんかを
用いており、アクセントになっています。
疾走しているパートもありますが、スロー~ミドルテンポでのメロの美しさは異常・・・
感想の書き難い作品で、こんな駄文を読んでもイメージがつかめないと思います。
まだ聴いてない方は是非とも聴いて欲しい作品です。
シンフォニック・ブラックの超名盤ですね!
満足度は95点くらいですかね。


6. Beyond The Candles Burning
7. Darkzone Martyrium
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]