忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Cease to Live.jpg










Luror / Cease to Live
2008
Black Metal

 




ドイツ産ブラックメタルの2ndフル
AbsurdのUnholdが全パートを担当しているみたいです。


1. Through Cruelty to Illumination は仄かにAbsurd臭漂うリフとともに
中々の勢いで疾走していきます。若干トラッド風味を感じさせるメロディックなリフは、
漢臭い部分もあり中々に即効性があります。

3. Cease to Live はジャリジャリしたギターによる陰鬱な出だし
中盤には哀愁漂うパート、それに呼応する様なVo.スタイルなんかも聴けます。
それにしてもやっぱり漢臭い・・・w

4. A Symptom of Evil は一瞬正統派メタルバンドのリードギターかと思うような
ギターが顔を出しますが、ファストなブラックメタルになってます。
身を切る様なリフもメロディックでカッコ良しです。

5. ...of Good Will はキラーチューン
咽び泣く様なギターには切なさが込み上げてきますね。
壮大ささえ漂う中、ここでも漢臭いメロディーが出てきます。
5分以降の展開には悶絶・・・Vo.も泣いているようです・・・

6. Boundaries of Evil もファストな展開に合わせたキレのあるリフがカッコ良し
Vo.も中々表情豊かですし、カッコいい曲ですね。

7. Already Dead は一転してデプレッシブ・ブラックの様な曲
ゆったり進んでいく中、陰鬱なリフに合わせての
高音絶叫スタイルにより悲痛さが前面に押し出されてますね。


ファストに勢いよく畳掛ける展開から、
デプレッシブ・ブラック勢の如くジワジワ陰鬱なリフを絡めたりと、
色々な展開を見せます。
比較的メロディックなリフにはAbsurdの様な漢臭さ・勇壮さなんかを感じさせる
部分もあり、哀愁漂ってますね。
メロディックと言っても、メロメロになり過ぎることはなく、
硬派なブラックメタルだと思います。
ファストなパートでも身を刻むような切れ味のあるリフもカッコいいです。
Vo.は中々弾けたガナリ声で、感情むき出しで噛み付いてきそうな形相で迫ってきます。
その一方で、デプレッシブ・ブラック勢を思わせる悲痛な咽び泣きスタイルも登場
音質等プロダクションもブラックメタルとして見ると満足の出来ですね。
捨て曲なしの作品で中々気に入っています。
1stも買ってあるので、そのうち紹介したいと思います。
満足度は90点くらいでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]