忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

The Iron Hand of Blackest Terror.gif










Luror / The Iron Hand of Blackest Terror
2003
Black Metal




ドイツ産ブラックメタルの1stフル
Absurd等での活躍でも知られるUnholdが全パートを担当


1. The Iron Hand of Blackest Terror は少しTaakeっぽいノリを見せます。
終盤のメロウなメロディーが良い感じです。

2. From Dawn to Death はオールドスクール臭を感じさせつつ、
荒々しいドラムが印象的な1曲になってます。

3. Smoke and Stardust では高音で喚き散らすスタイルのVo.が登場し、
メロウなトレモロリフ、陰鬱なアルペジオをバックに感情むき出しで迫ってきます。

5. Embers and Glory は胸を掻き毟る様に切ないトレモロリフが畳みかけます。

6. Into the Burning Fog は高音絶叫からスタート
程良くメロディックで哀愁漂うトレモロリフをバックに、悲痛な声が木霊します。

7. In a Room in Hellは叙情的なアコギに、朗々・渋めのクリーンボイス、
高音絶叫が重なっていきます。ドラムレスで淡々と進んでいくと思いきや、
後半は唐突に爆走


12Pのブックレット、赤いアートワーク仕様のものには
5. A Fanfare of War Sounds in the Sky が収録されていないようです。
私が購入したのも全8曲入りのバージョン
若干モコモコした音質で奏でられるギターリフは、
ドイツ産らしい寒々しさ、メロウさ・哀愁なんかを漂わしています。
結構メロディックなせいもあってか聴きやすいですね。
漢臭さというか勇壮さを感じさせるパートは2ndほどはなかった様に思います。
Vo.は擦れた様なガナリ声主体で、Taakeみたいだと思う場面も(特に1曲目の出だし)
また、通常のガナリ声だけではなく、耳を劈く高音絶叫も披露しており、
2nd以上に喧しく喚き散らしてます。
切なげ、もの悲しげなリフ、メロディーと合わさることで、
悲痛さ・悲壮感が増長されてますね。
即効性・聴きやすさで言ったら2ndの方が上だと思いますが、
本作も良作ではないでしょうか。
満足度は82点くらいですかね。
 

7. In a Room in Hell
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]