忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Remains of a Ruined, Dead, Cursed Soul.jpg










Mütiilation / Remains of a Ruined, Dead, Cursed Soul
1999
Black Metal



フレンチ・カルト・ブラックメタルの大御所による2ndフル
収録曲の方は1993 , 1996年に録られたものみたいです。


1. Suffer the Gestalt から恐ろしいことになってます。
ジトジトと精気なく叩かれるドラム、呻き声、ノイズの様な不快な音で開始
どんよりドゥーミーに進行する中、Meyhna'chの凄まじい絶叫、
キリキリと不快さを煽るギターソロなんかも登場

2. To the Memory of the Dark Countess はジャリジャリした薄っぺらギターによる
陰鬱なメロディー、フレンチブラックらしいジメジメとした質感が秀逸
中音域から高音奇声へ移行する凄まじい絶叫にも戦慄を覚えます。

4. Through the Funeral Maelstrom of Evil はズッタンズッタンと
籠り気味のドラムと共にアップテンポに進んでいきます。
仄かに荘厳さを漂わすリフ・メロディーにフレンチ・ブラックメタルの
パイオニアとしての凄みを感じます。

6. The Fear That Freeze は収録時期が違うということで、
打ち込みドラムによる人外ツーバスとともに爆走していきます。
リフも結構メロディックですが、音質はかなりチープ
Meyhna'chのヴォーカルも語りかけるようなガナリ声スタイルです。


1stフルも真っ黒な唯一無二の作品ですが、
本作はそれに輪をかけてカルト、アンダーグラウンド臭漂う仕上がり
ジャリジャリとノイジーなギターによるリフ、メロディーには
フレンチ・ブラックのパイオニアとしての威厳が感じられます。
このジメジメと身体に纏わりついてくる質感・陰鬱さは尋常ではないです。
精気の感じられないドゥーミーなパート、
耳を覆いたくなるノイズなんかも恐ろしさを増長してますね。
そしてなにより、Meyhna'chによるヴォーカルがとんでもないことになってます。
中音域ガナリ声だけではなく、高音発狂シャウトで暴れまわる様は正に圧巻・・・
最近のデプレッシブ・ブラック勢の病みヴォーカルらが失笑を誘うのに対し、
こちらは戦慄を覚えます・・・
ジャケもカッコ良し!
キャッチーさとは無縁で、ブラックメタル初心者お断りな作品かもしれません。
まあ、私も徐々に慣らしていきたいと思ってますw
満足度は75点くらいでしょうか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]