忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Manierisme.jpg










Manierisme / Manierisme
2006
Black Metal




日本産ブラックメタルによる1stフル?+音源集
手書きナンバー入り666枚限定仕様


1. The Beginning of Malice & Tragedyは時計の針、鐘の音と
ボソボソ語るナレーションによるインストですが、何を言っているかわかりません。

2. Promise in the Masquerade - At Reunionは退廃的なメロディーから
ブラスト、絶叫を交えて爆走しますが、ボーカルは奥に籠り気味で良く聞こえません。
しかし、このジメジメ纏わりついてくる不吉なメロディーは凄い・・・

3. Asobi Tawamureru Siryo No Sumu Heyaも怪しげな曲名通りの曲
ボーカルもウネウネとした呪詛ボイスで歌ったりしてますが、如何せん聴きとりにくい・・・

5. The Secret Gardenは小鳥の囀りも聞こえる清々しいイントロから一転、
前曲までと同様の曲調へ・・・
ラストに「死ね」って言われてる・・・?

6. Koware Kuruu Ningyo No Akumuはこれまたローマ字表記の曲で、
死霊の如き呻き声などが木霊し、非常に不気味です。
ラストは何やら爆裂してます。

7. Anusy, Spent With Youははっきりとしたメロディーがありますが、
どこか調子外れであり、不気味さが浮き彫りになっています。

10. Cursed Palace - No One in the Roomから音質が変わりますね。
曲もよりファストになったように感じ、ギターの音もより退廃的なメロに合っている気がします。

11. A Endless Danceはうっすらと入るKeyが死霊漂う幽霊屋敷のようで良いです。

13. Collapse Preludeは音質が劣悪過ぎて意味不明ですw
もうドラムが何が何やら・・・といった感じです。


基本的にファストに突っ走るパートメインで、
ノイジーなギターによる気持ち悪いメロディーが全体を支配しています。
ジメジメと湿った質感、纏わりついて離れない不吉なメロディーが不気味です・・・
まさに死霊達が住む幽霊屋敷の様相を呈しています。
ボーカルはウネウネとした呪詛ボイスから、ガナリ声と器用な歌い回しをしており、
不気味で陰鬱な世界観に貢献しているのですが、
奥に籠り気味で聴こえにくいのが残念と言えば残念です・・・
音質はかなり劣悪な部類に入りかもしれませんね。
特に13曲目なんかは何やってんのかわかりませんw
フレンチ・ブラックの様な陰湿で胡散臭いメロディーが好きな方におススメです。
恐らく、1曲気に入ったら全曲気に入りそうです。
満足度は77点くらいでしょうか。


7. Anusy, Spent With You
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]