忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

L'Asile de l'Esprit.jpg
 









Mind Asylum / L'Asile de l'Esprit
2009
Black Metal

 


 



フランス産ブラックメタルの1stフル
Errance 独りが全パートを担当している模様ですが、
ゲストにヴァイオリン奏者を迎えています。


1. Intro はお約束のインスト曲
悲壮感を垂れ流すヴァイオリンが儚くも美しいです。

2. Inconstance Sensorielle はフレンチ・ブラックらしい適度に湿った音、
メランコリックなリフ、メロディーを見せつつ、
唐突に爆走へ畳みかけ若干の違和感を抱かせます。
その後の暗くメロウなトレモロ、
1曲目同様のヴァイオリンに陰鬱なアルペジオが被さる場面は良い感じです。

3. Prostration はCelestia , Mortifera (2nd)を彷彿とさせる出だし
つまりNoktu関連バンドを思わせる音、リフとともに突き進みます。
終盤にまたしてもヴァイオリン登場

4. Chaos des Sens はデプレッシヴ・ブラックの様な1曲
Vo.も悲痛なガナリ声をあげています。

5. L'Ere du Péché もCelestia の様な音、リフを用いています。
まあ、あそこまでの気色悪さはありませんけどw
あくまでメロウなメロディック・ブラックといった印象です。
ヴァイオリンの挿入にやはり反応してしまいますね。


いかにもフランス産と言えそうなブラックメタル
適度に湿り気を帯びた音色のギターによるメロウ、メランコリックなリフ、
陰鬱なアルペジオ等暗く閉鎖的なパートで畳みかけます。
緩急のついた展開を見せる楽曲を支えるドラムは
疾走部への展開などで若干違和感、不自然さを感じさせることもありました。
このフレンチ・ブラックメタルらしさはCelestia , Mortiferaなどの
Noktu関連バンドを彷彿とさせるものになっていますが、
あそこまでの気色悪さはないでしょうか。
Vo.は感情表現豊かなガナリ声で、適度にネチっこく纏わりつく様な質感は
いかにもフレンチ・ブラックな楽曲に合ってますね。
そんな先人たちの影響をモロに感じさせつつ、
ゲストのヴァイオリン奏者の存在がやはり注意をひきます。
悲壮感を垂れ流すヴァイオリンの調べがフッっと挿入されると、
他パートは割と控えめになり、ヴァイオリンが大胆にフィーチュアされてますね。

フランス産のブラックメタル、メロディックなブラックメタルを好む方に薦めたい作品
それほど目新しさもなく、綺麗に纏まった優等生的な作品に映るかもしれませんが、
結構気にいっている作品
満足度は82点くらいでしょうか。

 


myspace
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]