忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Stills.jpg










Nachtvorst / Stills
2009
Black Metal




オランダ産ブラックメタルの1stフル
CDの方は1000枚限定リリースの様です・


1. Dawn of End はどんよりと重苦しいイントロで、
優しげなアルペジオにフッっと高音トレモロが被さり、
気だるげにスロー~ミドルで叩かれるドラム、ドゥームの様な中低音Vo.による
デプレッシヴなブラックメタルといった感じでしょうか。
ミニマルに進行していく中、絡み合う複数のトレモロが素敵に響きます。
後半にかけてテンションの上がったVo.と共にドラマティックに展開

2. Murmurs はジリジリと心身を侵食していくノイジーなギター、
独特の残響を残していく音使いが何とも不気味なインスト曲

3. Stills はバチバチとノイズが入りどこか古ぼけた音像のピアノによるイントロ
焦点が合っていないというか不安感を煽りますね。
ネガティヴ、陰鬱なリフに苦しげにガナるVo.が被さる
典型的デプレッシヴ・ブラックでしょうか。
残響感・浮遊感漂う不思議な音がアートワークの様な森の深奥を想像させます。

4. Wandering は美メロ垂れ流しのイントロにクラクラ・・・
ここから疾走くるぞ・・・と言うところで見事に期待に応えてくれる展開で、
3曲目までの流れはどこへ行ったやらメロディックなブラックメタルをやっています。
中盤はクリーンなパート、感情をブチまけるVo.と相まってドラマティックな1曲

5. Epitaph は荒々しく疾走するドラムに、焦燥感を募らせるリフが絡むイントロから一転、
ミドルテンポにてノイジー、殺伐としたギターによるデプレッシヴなサウンドへ
ガリガリと刻まれるリフなんかも登場
Vo.の叫びと共にイントロ同様の疾走パートへと展開
クリーンなパートでは自殺系・悲痛な叫びをあげるVo.が痛々しいです・・・
そのまま本作とはお別れです。


スロー~ミドル多めで進んでいく楽曲が多く、
陰鬱なギターいよるリフ、アルペジオはジャケット、アートワークにもある様な
暗く孤独な森の深奥を想像させるサウンドになっており、
典型的なデプレッシヴ・ブラックと言った感じでしょうか。
身に刷り込まれていくトレモロリフも哀しげで、特に高音トレモロの絡ませ方が素敵
そんなネガティヴな空気満載の楽曲、サウンドですが、
曲によってはメロディックなリフ、ブラストビートとともに駆け抜けていく場面も
激情のメロディック・ブラック一歩手前と言えそうな部分もあり、
その手のブラックメタルを好む私は4曲目がお気に入りです。
Vo.はドゥームの様な中低音ガナリ声で重苦しい歌唱を披露したかと思えば、
テンション高くガナリ散らす歌唱、Brocken Moonさながらの絶叫までを使い分けます。

デプレッシヴ・ブラックファンからメロディック・ブラックファンまでそこそこ楽しめそうな作品
こういう作風のバンドは5曲くらいで丁度良いですね。
満足度は80点くらいでしょうか。


myspace
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]