忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Diabolical.jpg










Naglfar / Diabolical
1998
Black Metal




スウェーデン産ブラックメタルの2ndフル
カリスマボーカリスト、Jens Rydén在籍時の作品で国内盤もリリースされてます。


1. Horncrowned Majesty はサイレンによる警報が鳴り響くイントロで、
早くもタダならぬ気配を感じさせます。
1stフルよりブルータルになった印象を受け、
Jens Rydénのボーカルも相変わらずキレまくっていて嬉しい限りですね。

3. 12th Rising はキラーチューン
咽び泣くようなトレモロリフ、Jens Rydénのハイテンションなボーカル、
中盤テンポが落ちたところでの叙情的なメロディー、
ラストは冷やかなKeyを交え劇的な盛り上がりを見せつつも唐突に終わりを迎えます。

4. Into the Cold Voids of Eternity はモロにDissection的チューン
途中、ピアノ等による厳かなパートが現れます。

6. Blades も激烈な爆走を見せるメロディック・ブラック
中盤悲鳴の様なものが木霊してます・・・

8. A Departure in Solitude は美しいピアノによるもの哀しげなインスト

国内盤には98年発のEP「When Autumn Storms Come」の2曲が収録されてます。


1stフル「Vittra」に比べると、よりスピードが増し、アグレッシブになった印象を受けます。
音質も大分良くなったことで凶暴さがより際立っています。
その分、叙情的なメロディーは顕著ではなくなった気もしますが、
全く消えてしまったということはなく、要所要所で顔を出します。
また、1stを聴いても感じたことですが、
本作ではよりDissectionらしさを感じました。
3rd「Sheol」ではメジャー感漂うメロディック・ブラックメタルになっていますが、
1st~3rdはどれも個人的には気に入っています。
やはり、Jens Rydénのボーカルは存在感がありますね。
テンション高く畳掛けるボーカルはキレにキレまくっており、堪りません・・・
疾走多目のスウェディッシュ・ブラックメタルが好きな方だけではなく、
今のメロデス好きの方にも受け入れられそうな作品ではないでしょうか。
満足度は88点くらいですかね。


3. 12th Rising
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]