忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Vittra.jpg










Naglfar / Vittra
1995
Black Metal




スウェーデン産メロディック・ブラックメタルの1stフル
国内盤もリリースされており、ボーナストラックが1曲追加されています。


1. As the Twilight Gave Birth to the Nightは、
冷やかなキーボードによるもの静かで厳かな雰囲気のイントロから一転、
Jens Rydenの絶叫とともに疾走するDissection的なメロディック・ブラック
トレモロにより紡がれる叙情メロディーがスウェーデン的です。

3. Through the Midnight Spheresはキラーチューン
Iron Maidenっぽい正統派メタルなギターがカッコいいです。
残念なのは、スネアドラムの音が大きすぎる気がします。
ラストで聴かれるアァアア゛~!!な高音絶叫もブラックメタル的で素敵です。

5. Emerging from Her Weepingsは陰鬱な空気を撒き散らすイントロから、
トレモロギター、アトモスフェリックなキーボードなんかを交えています。
中盤、トラッド風味のギターによる勇壮なメロディーも登場します。
ラストの反復されるトレモロギターに涙腺崩壊寸前・・・

6. Failing WingsでもJensの高音絶叫が聴かれます。
ラストのキーボードが秀逸ですね。哀愁漂います。

9. Exalted Above Thronesは、イントロからブラストビートとともに疾走
Jensのテンション高めのブチ切れ歌唱が素晴らしいです。


叙情的なメロディーを振り撒きつつ、勢いよく疾走する楽曲が中心で、
まさに同郷のDissectionを彷彿とさせます。
イケメン実力派シンガーJens Rydenの存在感は流石のもので、
テンション高めに叫び散らすスタイルですが、
最近(Naglfar 3rdやProfundi)の作品では聴かれない高音絶叫も用いています。
トレモロギターによる叙情的なフレーズだけでなく、
ひんやりとしたキーボード、アコギ等をうまく取り入れていて、
哀愁を漂わせるような場面もあります。

音質などプロダクションの面から言うと、以後の作品には劣りますが、
楽曲の充実ぶりは目を見張るものがあります。
というのも、私は「NaglfarはSheolだろう・・・」と思っていたんですが、
改めてこの1stを聴いてみると、かなりの力作に思えてきました。
どっちが好きかと言われると、思い入れの面から言って3rdかもしれませんが・・・
満足度は89点くらいでしょうか。


1. As the Twilight Gave Birth to the Night
3. Through the Midnight Spheres
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]