忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Shadows From the Past....jpg










Nehëmah / Shadows From the Past...
2003
Black Metal




フランス産ブラックメタルの2ndフル


1. Black Winds Over the Walls of Csejthe はカラス達の泣き声による
物々しいイントロからスタート
ジリジリとしたギターによる焦燥感を募らせるリフが登場した後、
Vo.の叫びとともに疾走していきます。やはり怒声とともに疾走に畳みかけるのはカッコいいです。

2. Sonner Av Den Fimbulvetr はミドルテンポでDarkthroneの様にジワジワ迫るパート、
ブラストビートを交えつつ勢いよく疾走するパートが堪能でき、
ラストは唐突に終了

4. Warlock は後半スイッチが切り替わったかのような猛烈な疾走っぷりを披露
怪しげなアルペジオと言い、禍々しさ満載です。

7. Selvmord は本作最長曲
背後で怪しく背徳感を演出するトレモロリフ、
まさにイーヴルなガナリ声といい素敵です。


1stフル「Light of a Dead Star」同様、殺伐としたノルウェイジャン・ブラックを思わせる作風
ジリジリとした音質で迫るギターリフからは、やはりDarkthroneの名が浮かびます。
そんな正統派プリミティブ・ブラックど真ん中な内容であり、
所謂フレンチ・ブラック勢特有の湿っぽさはほとんど感じさせないのも1st同様
ジワジワと空間を埋めていく暗黒リフは、地獄の業火の様で、
炎殺黒龍波を思い出させます。
アコギ等を交えた哀愁あるパートもあったり、
オールドスクールに硬派なブラックメタルを貫いたり、
カッコよくファストに飛ばしたりと色々な側面を見せてくれもしますね。
あと、ノイジーなギター以外音質もそれほど悪くなく、
Darkthroneなど極悪なプリミティブ・ブラック音質に耐えられない方でも楽しめそうです。
まあ、それでもプリミティブ・ブラックな音像ですけどw
メロディックなパート、Keyを用いたアトモスフェリックなパートなんかもありますが、
やはりどこを切ってもプリミティブ・ブラックですね。
1stに比べると地味かもしれませんが、良作には間違いないでしょう。
満足度は87点くらいでしょうか。


そういえば、3rdと同時に購入したら、
ディスクのみ逆に入っていましたw両方買ったから問題なかったですが、
どういうことだったんでしょう・・・
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]