忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Crépuscule Hivernal sans Fin sur les Terres de la Guerre.jpg










Neige et Noirceur / Crépuscule Hivernal sans Fin sur les Terres de la Guerre
2009
Dark Ambient , Black Metal



カナダ産ダークアンビエント、ブラックメタルのデモCD-R
100枚限定仕様


1. Aux portes de la Crypte はガチャガチャとしたノイズで始まるアンビエント曲
中盤から奇妙な囁き、冷やかなKeyが登場

2. Crépuscule Hivernal sans Fin sur les Terres de la Guerre は26分もの大曲
薄っぺらいジャリジャリなギターをバックに奇怪な叫びが聴こえ、疾走開始
無機質というか、仄かにスぺーシーな雰囲気、混沌さを滲ませつつミニマルに進行
その後静寂が訪れ、風が吹き荒れる音と共に軋むようなノイズが聞こえてきます。
そこへ徐々にドラムがフェードインしてきて寒々しいブラックメタルへ
ミニマルなリフ自体は結構陰鬱で暗い感じになってますね・・・

3. Hibernation も12分と長めの曲
いきなりDarkspaceを思わせる神秘的なKey.に加え、
ツンドラ地帯が浮かんでくる冷やかなKeyも登場


ダークアンビエント要素の強いブラックメタルということで、
Darkspace , Trist , Paysayge d'Hiver , Vhernenなどを彷彿とさせるサウンド
カナダ産と言うことで、Ancient Tundraにも通じる部分を感じます。
ジャリジャリとノイジーなギターによるミニマルなリフは、
ブリザードにより視界が0といった感じになっています。
一方で静寂が訪れ、ダークアンビエントパートに目を移すと、
一面銀世界のツンドラ地帯が浮かんでくる冷んやり美しいサウンドを堪能できます。
メロディーには結構陰鬱さが滲んでいるのも印象的
ヴォーカルも時折登場してイーヴルなガナリ声を上げていますが、
この手のものはほとんどインスト感覚で聴いてますね。
最近多いダークアンビエント要素のあるブラックメタルの中でも良い作品だと思いました。
満足度は80点くらいですかね。


my space

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]