忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



Night in Gales / Five Scars
2011
Melodic Death Metal




ドイツ産メロディック・デスメタルの5thフル


1. Epitaph は幽玄なストリングスが舞うインスト曲

2. This Neon Grave はあまりにも強力なキラーチューン
突進力のあるドラム、叙情的なギターリフに、
ミステリアスで物悲しげなトーンで奏でられるリードギターに悶絶・・・
この救いようがないまでの暗く、悲しみに包まれた空気感はDark Lynacyに迫るほど

3. Days Of the Mute は中期In Flames を思わせる1曲
北欧の灰色の曇天が思い浮かびます(行ったことないですけど)。
悲しみの慟哭を上げるデスVo.と朗々としたクリーンVo.のコントラストが鮮やかに映えますね。
 
4. Five Scars も王道的なツインリードを活かしたイントロから、
叙情メロディーを垂れ流しつつ疾走へ畳み掛けます。
ラストは幽玄なストリングスに包まれるようにして終幕・・・

6. The Tides Of November は泣きまくりの叙情ギターをバックに、
激情のデスVo.、クリーンVo.両刀使いで攻め立てる中、
優しげなストリングスも登場

7. Life Denied はソリッドなギターによるヘヴィーなリフ、
所々アグレッシヴに攻めるドラムなんかがAt the Gatesを彷彿とさせる内容です。

8. Endtrip はEbony Tears辺りのデスラッシュを思わせる1曲
3分以下とコンパクトに纏まっています。


実はこのバンドを聴いたのは本作が最初
前作からは10年近く経ってのリリースとなったようです。

90年代の良きメロディック・デスメタルを現代へ語り継ぐ、
正に王道を突き進む叙情派メロディック・デスメタル
突進力のあるアグレッシヴなギターリフは、
スウェーデンはイエテボリ直系のデスラッシュスタイルで、
At the Gates辺りを彷彿とさせ、中々に強力
突進一辺倒ではなく、引いては物悲しげなリードギターが登場し、
琴線を揺さぶります。よくあるツインリードをフィーチュアしたものだけではなく、
ダークで悲しみに押しつぶされそうな空気感はDark Lunacyを彷彿とさせます。
所々挿入されるストリングスの調べも素晴らしいです。
Vo.は正にメロディック・デスメタル的なデスVo.で、
胸を掻き毟るような慟哭が物悲しげな楽曲を鮮やかに彩りますね。
朗々としたクリーンVo.の出番もそれなりにあり、
より楽曲をドラマティックなものへと仕立て上げてますね。

本年リリースされたメロディック・デスメタル作品の中でも、
かなりハイクオリティーな作品ではないでしょうか。
ただ、13曲というのは多いような気もしますが、贅沢な悩みですね。
At the Gatesなどのメロディックなデスラッシュを好む方から、
中期In Flamesなどの90年代叙情派メロディック・デスメタルを好む方に薦めたい作品
満足度は90点くらいでしょうか。


2. This Neon Grave
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]