忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Hierophany of the Open Grave.jpg










Nightbringer / Hierophany of the Open Grave
2011
Black Metal




アメリカ産ブラックメタルの3rdフル


1. Rite of the Slaying Tongue はホラー映画のサントラの様なイントロから、
バタバタ慌ただしいドラムに合わせて気味の悪いリフで畳みかけます。
緩急の付いた展開も見せつつ、これまた不気味なリードギターも披露

2. Eater of the Black Lead はアコギによる穏やかな調べから一転、
ドゥーム一歩手前の重苦しい空気に包まれます。
お得意の(?)超高音トレモロも健在

3. Psychagogoi はどんよりした空気を突き破るように疾走しますが、
その退廃的なメロディーに生気を抜き取られた様な心地がしますね。

4. Lucifer Trismegistus は荘厳かつ焦燥感を募らせるトレモロリフがカッコよし
どこかゲーム音楽のようでもあります。
地の底から湧きあがる様な威圧的なVo.も素敵
突拍子もないハーモニクス音の多用も不穏・・・

5. The Gnosis of Inhumation は終盤の高音トレモロと、
情緒不安定なピアノの絡みが印象的

7. Dreaming Above the Sepulcher は寂しげなギターのみによるイントロから、
ゆったりと進行していきます。気味悪いギターのハモリがどうしようもなく暗いですね。

9. Old Night は激烈なブラストビートに苦しみもがく様なVo.が乗り、
相変わらずラスボス戦さながらのプレッシャーが漂います。


緩急の付いた展開を見せる楽曲が多く、
それなりにテンション高く疾走していく部分にも、
重苦しい雰囲気が感じられ、気が重くなります・・・
前作以前の不穏な空気を充満させた作風はそのままに、
フレンチ産の様な荘厳さ、耽美さが漂う部分があったり、
ホラー的なサントラ、ダーク・アンビエント的なアプローチもあり中々多様なサウンドを見せます。
過去作の方がストレートで聴きやすいかもしれませんね。
疾走感は結構減退しているかもしれません・・・
相変わらず胃を締め付ける様な超高音トレモロ、
突拍子もなく鳴らされるハーモニクス音が気味悪いですね。
焦燥感を募らせるリフなども、精神的によろしくない音で迫ります。
威圧的なガナリVo.も大仰な歌い回しでカッコよし。

一般的なブラックメタルからは離れたスタイルですが、
最近のDeathspell Omega、Leviathan、The Axis of Perdition 辺りの
不穏な空気に塗れたブラックメタルを好む方に薦めたい作品
満足度は80点くらいでしょうか。


1. Rite of the Slaying Tongue

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]