忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

A Fallen Unicorn.jpg










Nocternity / A Fallen Unicorn
2004
Black Metal




ギリシャ産ブラックメタルのEP
オリジナルは5曲入りですが、2005年再発盤は3曲を追加


1. Klagelied Des Windes はツンドラ・永久凍土系のインスト曲
神秘的なダーク・アンビエント

2. A Fallen Unicorn はジリジリと歪みまくったノイジーなギターが
軽快なブラストビートに乗り突き進んでいきます。
神秘的なKey.を差し挟む所にLunar Auroraらしさを見出すこともできますね。

3. The Emerald Serpent Prince も同様に猛吹雪的な疾走を見せつつ、
フッとその吹雪が止み、視界が明瞭になった様な心地を味わえるミドルパートへ
当然その後は爆走していくと言うお決まり、かつドラマティックな展開です。

4. To Grey Olden Shores はシンセだけに留まらずギターまでもが神秘的
どことなく哀愁漂うフレーズにも耳が行きますね。

5. Pagan Poetry はカバー曲とのことですが、原曲は知りません。
一面銀世界を想像させる神秘的なKey.に、奥の方からのたうち回る様なVo.が聴こえます。
どんな原曲なのか気になってきました。


まずはそのノイジー極まりないギターに耳が行きます。
ジリジリ、ザーザーと歪み切ったギターによるトレモロリフは、
プリミティヴ・ブラック勢のソレとは違ったものです。
一歩先の視界さえ奪われてしまった様な猛吹雪サウンド、
ブラストビートを交え軽快に疾走していくドラムもシナジー効果を発揮
Vo.の慟哭、絶叫もその轟音に溶け込んでいくかのようです。
インスト曲、疾走~ミドルへの展開で顕著なシンセの挿入も印象的
神秘的な装飾は勿論、その永久凍土に放り出されたかのようなサウンド、
温かみの微塵も感じられない音世界はLunar Auroraに通じる部分も・・・
元Lunar Auroraのメンバーが在籍していただけのことはありますね。

何と言うか音が悪いと言うより、耳に優しくはなさそうな作品ですが、
Lunar AuroraやTristなんかを好む方に薦めたい作品です。
満足度は81点くらいでしょうか。


3. The Emerald Serpent Prince
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]