忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Galgenfrist.jpg










Nortt / Galgenfrist
2007
Funeral Doom




デンマーク産独りフューネラル・ドゥームの3rdフル


1. Galgenfrist はダーク・アンビエント的なインスト

2. Til Gravens Vi は出だしから不安を煽るギターが響き渡り、
破滅への一歩を突き進んでいくかの様です。
精気、有機的な温かみを一切廃してしまった世界観の演出、
シンセの音使いに脱帽・・・

5. Over Mit Lig は10分超の大曲
廃墟の地下、又は樹海の奥深くに幽閉されてしまった様な
もう救いようがないまでの惨状が浮かんできます・・・

6. Havet Hinsides Havet も引き続き10分超の大曲
女性コーラスにも聴こえそうな凍てつくシンセが、狂おしいほどに美しいです・・・

7. Hjemsøgt は最早自分以外の存在が消滅してしまったかのような
孤独感に押し潰されそうです。


以前の作品以上に救いようがないほど暗いです・・・
メタルと言うより、ダーク・アンビエントへの傾倒が色濃く感じられます。

ズルズルと終始スローで進んでいく楽曲は、
ドラムレスな部分も多く、ブラックメタルは愚か、メタルらしさも感じさせません。
時折、歪み切ったギターによる重低音が叩きつけるように鳴り響き、
地の底から這い出る様なネガティヴVo.が乗ります。
最早人外、有機的な温かみゼロなサウンドですね。
そんな一筋の光が入る余地のない楽曲の空気を支配している
シンセ、ピアノの存在感が大きく映りました。
美しくも精気を抜き取られる様な感覚、圧倒的な孤独感を煽られ、
とてもじゃないですがヘビーローテは誘われません。
それでもたまに聴きたくなるのは魔術的な何かでしょうか・・・

過去作そのままを期待すると肩透かしを喰らうかもしれません。
フューネラル・ドゥームと言うよりダーク・アンビエントを好む方に薦めたい作品
満足度は87点くらいでしょうか。


2. Til Gravens Vi
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]