忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Graven.jpg










Nortt / Graven
1999
Funeral Doom , Black Metal




デンマーク産フューネラル・ドゥームの1999年作デモ
CDフォーマットの再発盤がリリースされてます。


1. Graven - Intro はジリジリとノイジーなギター+冷た過ぎるシンセがフェードイン
2分弱淡々と進んでいきます。

2. Gravfred もノイジーで重苦しいギターがミニマルに垂れ流されていく中、
地獄の底から湧きあがってくる様な中低音ガナリ声が木霊します。
殺伐を通り越して、世界崩壊後の様相を思わせる演出はもはや異常です。

3. Sorgesalmen は哀しげなピアノが印象的です。
この曲はNorttの中でも聴きやすいと感じました。

4. Sidste Vers は絶望に包まれ重苦しいピアノでスタート
どうしようもない哀しみに塗れたシンセの使い方が秀逸過ぎます・・・


最近の作品はダーク・アンビエント要素の強い作風になっていますが、
この頃は深い絶望に耽ったフューネラル・ドゥームになってます。
ジャンル的にゆったりと進んでいく楽曲で、
ジリジリとノイジーで耳障りなギターが終始鳴り響き、
冷たく慈悲の欠片も感じさせないシンセが重なります。
このシンセの使いっぷりがこのバンドの持ち味ではないでしょうか。
殺伐、荒涼としたイメージというか、最早世界崩壊後の情景を思わせますね。
Vo.は血の底から湧き出てくるような中低音ガナリ声で、何とも恐ろしげ・・・
基本的にミニマルに淡々と進んでいく展開で、
正直ヘビーローテは誘われませんがたまに聴きたくなる作品
所謂フューネラル・ドゥームの中でも若干毛色の違う作風かもしれませんね。
満足度は85点くらいでしょうか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]