忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Peisithanatos.jpg










Nyktalgia / Peisithanatos
2008
Black Metal




ドイツ産ブラックメタルの2ndフル
Digipack仕様のCDは2000枚限定だそうです。


1. Nyktalgiaからキラーチューン
比較的良好な音質での美メロトレモロギターが軽快に走り、
この時点で、これは・・・と期待を抱かせました。
その後、哀愁漂う儚げなアルペジオを交えながら、
泣き声寸前の中高音ボーカルが木霊し、何とも悲壮感漂う仕上がりになってます。
素晴らしいです。泣けてきます。

2. Nekrologは1曲目とは一転して、
不穏な空気が渦巻くノルウェイジャンブラックのような印象を受けました。
ボーカルは1曲目と違って普通のガナリ声による歌唱になってます。
同じトレモロリフでも1曲目とは全然違う印象を受けるから面白いです。
ブラストビートを取り入れたり、アグレッシブな面も見せます。

3. Peisithanatosも1曲目同様のキラーチューン
スコスコ疾走するドラムにどこか哀しみを感じさせるリフが乗ります。
シンバル等の高音域も割と強調されている感じです。
その後テンポが落ち、ボーカルが登場しますが、
1曲目同様に泣き声寸前の悲壮感漂う歌い方です。
ピロピロとメロディックなギターも挿入されます。

4. Pavor Nocturnumは気分を沈めさせるような重苦しいベースが目立ち、
ギターは若干ノイジーで陰鬱とした感じを演出してます。
ドラムのタム回しがやたらと耳につく1曲でもありますw
じわじわ気分が滅入ってきますね・・・
最後は不気味なアンビエントパートへ・・・


4曲中3曲が10分超という大作思考でありながら、
聴き難さ、聴いててダレるということはなく、
デプレッシブ・ブラックをあまり聴かない私でもとても楽しめました。
特に気に入ったのは1. Nyktalgiaでイントロのリフから
ボーカルパートがはじまる流れは凄まじいものがあります。
美しきトレモロに心奪われました・・・
何と言いますか、洗練されたメロディーです。
満足度は91点くらいですかね。
割と値は張りますが、かなりお勧めのブラックメタルです。
ドイツ産は良作多いですねえ。1stも探してみようと思います。


1. Nyktalgia
my space
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]