忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Omnivium.jpg










Obscura / Omnivium
2011
Progressive Death Metal




ドイツ産プログレッシヴ / テクニカル・デスメタルの3rdフル


1. Septuagint はアコギを用いた叙情的なイントロから一転、
エレキギターの登場と共に怒涛の流れへと引きずりこまれます。
軽快なブラストビートにデスラッシュ寄りのリフが重なる様は爽快
展開の巧妙さ、ソロのセンス等にも脱帽・・・

2. Vortex Omnivium もアグレッシヴに突き進むストレートな一面の裏に、
怪しく蠢くメロディー、プログレッシヴな展開を盛り込んでおり一筋縄ではいきません。

3. Ocean Gateways は不穏な空気が充満した前2曲とは異質な曲

4. Euclidean Elements はクラシカルなギターを絡めつつ、
割とストレートに疾走していきます。
恐らくアームを多用した絡みつくようなギターソロも印象的

5. Prismal Dawn は暗く物悲しいイントロ、
その後の部分なんかはIhsahnのソロ作品なんかを彷彿とさせます。
クラシカルな中にもどこかオリエンタルな空気を演出するソロが秀逸

6. Celestial Spheres も前曲に続いてIhsahnを思わせる曲
クリーンボイスが印象的

8. A Transcendental Serenade は予測のつかない変態的リズム、メロディーが素敵


軽快なブラストビートにより生み出される疾走感の上に、
デスラッシュ張りのリフが乗っていくストレートな展開は、
プログレッシヴなものが苦手な方でも受け付けそうなもので、
メロディック・デスメタル好きの方にも通用しそうです。
そんな中、ゆったりと背筋を伝う様に迫る不穏なメロディー、
複雑に変化していくリズムらが演出する奇妙なスリリングさに飲み込まれていきます。
更にはアコギ、クリーンギターまでを交えた多彩な音使いも見せていながら、
全くと言っていいほど散漫さを臭わせないのは素晴らしいです。
オーソドックスなデスボイスから、啜る・囁く様な歌唱、
クリーンボイスなど様々なスタイルを見せるVo.も見事
下から不穏にうねるように聴こえてくるベースラインも存在感がありますね。
曲によってはIhsahnのソロ作品にも通じる神秘的なものを感じました。

確かにプログレッシヴで複雑な曲展開もありますが、
そこまでの難解さ・とっつき難さはないので、
プログレッシヴ、テクニカルなものに抵抗をもつ方にも薦めたい作品
満足度は92点くらいでしょうか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]