忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Witchcraft.jpg










Obtained Enslavement / Witchcraft
1997
Symphonic Black Metal




ノルウェー産シンフォニック・ブラックメタルの2ndフル
Vo.はGorgoroth等でお馴染のPest


1. Prelude Funebre は曲名通り本作の序章となるインスト曲

2. Veils of Wintersorrow は鞭で叩く様な音で開始
そういえば、ブックレット中のPestが鞭みたいなのを持ってますね。
程良くメロディアスに奏でられるトレモロ、疾走中心で進むドラムに
優雅、時にクラシカルな装飾を与えるシンセが加わります。

3. From Times in Kingdoms.... は悲壮感漂う出だしで、
Pestのブラックメタル声による慟哭が映えますね。
美しく揺らめく水面、澄み切った冷風を思わせるシンセが心地よいです。

4. Witchcraft は中盤静寂が訪れた後、タム回しが挿入され
Pestの悲しげな叫びが闇夜に響きます。
その後はほんのりゴシカルにも感じられるシンセとともに大きく展開

5. Warlock は猛烈な疾走を見せ、これでもかとトレモロリフを繰り出す中盤に悶絶・・・
終盤も狂おしいほどにドラマティック・・・

7. Carnal Lust も中盤以降猛烈に疾走し始め、
狂おしいほどのメロディーが押し寄せるキラーチューン

8. The Seven Witches... では朗々としたクリーンボイスも登場


Arcturusの1st「Aspera Hiems Symfonia」、
Limbonic Artの1st「Moon in the Scorpio」と並んで
シンフォニック・ブラックメタルにおける三種の神器と勝手に思い込んでいる名盤
最近のDimmu Borgir, Cradle of Filth, Anorexia Nervosa, Abigail Williamsら
メジャー感溢れるシンフォニック・ブラックでは得られない(これらも別物として楽しめますが)
ブラックメタル特有のカタルシスを十二分に堪能できました。
優雅に舞うクラシカルな旋律、時にほんのりスペーシーさをも演出するシンセが
楽曲をグイグイと引っ張り盛り上げていきますが、
ギターを始め他パートも凄まじい応酬を繰り広げており、
息をつく間も与えてくれません。
トレモロ主体で奏でられるギターリフは割とメロディアスで聴きやすく、
疾走主体で突き進むパートとの相性も良く、ブラックメタル特有の寒々しさを演出
そして、Pestによるボーカルも流石ですね。
空気を切り裂く様なガナリ声は、緊張感に満ちておりカッコ良し。
また、静寂が訪れたパートでは悲壮感溢れる慟哭が闇夜に映えている様でもあり、
存在感を放っています。
似ているタイプとしてはカナダのVeneficium , 日本のTyrantとかでしょうか。
後者は派手過ぎる気もしますけど・・・
シンフォニック・ブラックが好きな方はもちろん、ある程度メロディックなブラックメタルにも
耐性がある方に薦めたい作品です。
満足度は97点くらいでしょうか。
 

ブックレット中のメンバー写真もカッコ良しです。
このバンドは本作しか持っていないんですが、
他の作品も評判がいい様なので是非入手したいところです。


5. Warlock
7. Carnal Lust
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]