忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Where the Snows Are Never Gone.jpg










Old Wainds / Where the Snows Are Never Gone
2011
Black Metal




ロシア産ブラックメタルの8曲入りデモ音源の再発


1. Unholy Nordland Fire は重低音がゆったりと押し寄せる重厚なインストから、
殺伐とした冷涼なリフに、荒々しくつんのめる様に突き進むドラム、
押し殺す様なガナリVo.で駆け抜けます。所々爆撃の様なSEも登場

2. Winter Warriors は中盤の寒々しくもメロウなリフに悶絶
最近のフィンランド産ブラックメタル、ウォータースライダー系に通じるものを感じます。

4. Eternal Wanderer of Winter Nights はRawに突き進むドラム、
不安を掻き立てる様なギターリフがシナジー効果的に焦燥感を募らせる1曲

5. Where the Snows Are Never Gone... はDarkthrone風のリフでスタート
ひたすら寒々しくささくれ立った様なトレモロリフでゴリ押しですね。

7. Guardians of the Icy Kingdom は地の底に渦巻く負の情念、
瘴気の立ち込めた暗黒サウンド

8. Cold Mourning of the Pale Moon は一転して退廃的なサウンドを披露


元は1997年にリリースされていたデモ音源のようですが、
そんな時代からロシアにこんなブラックメタルバンドがいたとは驚きです。
Darkthroneをはじめとするオールドスクールなプリミティヴ・ブラック直系でありながら、
フィンランド産のメロディックなプリミティヴ・ブラック勢に通じるメロウさを備えた
格式の高いブラックメタル作品

北欧、特にノルウェー産を思わせる荒涼・殺伐とした近寄りがたい音が、
全て包み隠さず真正面からぶつかってくるようで潔いまでの心地よさを堪能できます。
ギターリフと慌ただしく荒々しいドラムが演出する疾走感、
焦燥感を募らせる展開なんかはいかにもですね。
それでも比較的メロディアスなリフが多いためか、
それなりの聴きやすさを備えた作品に仕上がっているのも見事
メロメロになり過ぎない塩梅が丁度良いですね。
2曲目なんかは若干ウォータースライダー系の香りがしますが・・・
また、Vo.も派手さこそないものの堅実で作品に貢献しており、
特にノルウェイジャン風の殺伐としたサウンドには良く合っています。

DarkthroneやNehemah、Nebelなどの殺伐としたプリミティヴ・ブラックから、
Satanic Warmasterなどのウォータースライダー系ブラックメタルを好む方に
広く薦めたい作品です。
今のところ彼らの作品の中では1番好きかなあ・・・
満足度は89点くらいでしょうか。


2. Winter Warriors
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]