忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Poe.jpg





 




Opera Magna / Poe
2010
Melodic Power/Speed Metal

 



スペイン産メロディック・パワー/スピードメタルの2ndフル
Red Rivet Records より国内盤も出ています。


1. El Cuervo (Intro) はお約束のインスト曲
語りの後、ファンタジー臭のプンプンする展開へ

2. El Pozo Y El Pendulo からドラマティックに疾走するキラーチューン
ネオクラシカルなフレーズを所々で決めるギター、Heavenly 的なKey.を挟みつつ、
キャッチーかつ激熱な歌メロをスペイン語で歌い上げるJose Vicente Broseta
間奏後には女性Vo.が登場し盛り上げます。

3. Un Sueño En Un Sueño はRhapsody を彷彿とさせるイントロから、
クサ目のリードギターを伴って疾走
ギリギリのハイトーンを見せるサビも最高です・・・
神秘的なパートの後、ギターとKey.のスリリングなユニゾンパートへ

4. La Mascara De La Muerte Roja もドラマティックな疾走曲
Yngwie のCrush and Burn を思い出させるクラシカルなフレーズも登場

5. Annabel Lee は美しく澄んだ女性コーラスが響く短めの曲

6. El Demonio De La Diversidad はデスボイスも用いた曲
サビへの入り方等、悶絶せざるを得ない良曲
ギターソロではMichael Romeo か!と思わせるレガートが・・・

8. El Retraro Oval は静けさ漂う出だしから、
女性コーラスとともにドラマティックに展開していく非メタル曲

10. La Caida De La Casa Usher は所々スウィープ等を差し挟み、
突き進んでいく疾走曲

11. Edgar Allan Poe はラストに控えた大曲
Dark Moor / The Moon を彷彿とさせるクラシカルなアレンジにクラクラ・・・


各所で絶賛されているのも頷ける恐るべき傑作・・・
それにしても今年はこの手のメロパワ・メロスピ勢の健闘が目立ちますね。
そして我々もこの手のあざといまでのメロスピ・クサメタルに飢えていたんでしょうか。

Rhapsody , Fairlyland を彷彿とさせるファンタジー・シンフォニックな装飾を
取り入れたドラマティックな楽曲、疾走多めでメロスパーも歓喜しそうな展開
また、ギターはクサ目のリードギターを奏でるだけではなく、
ネオクラシカル、様式美的なプレイをしっかりと聴かせます。
キャッチーな歌メロを歌い上げるVo. Jose Vicente Broseta は中々良いハイトーンの持ち主
特別上手いとは思いませんが、ギリギリの高音部なんかはクサメタル的で素晴らしいです。
また、スペイン語による歌詞は何を言っているかわからないものの、
クサメタル的な楽曲と相まって得も言われぬ相乗効果を生み出している様な・・・

そういえば、Edger Allan Poe なる人物の人生を
テーマとしたコンセプトアルバムらしいですが、
そういったものを気にしないでも十分に楽しめる内容ではないでしょうか。
満足度は94点くらいですかね。


my space

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]