忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Ballade cuntre lo Anemi Francor.jpg









Peste Noire / Ballade cuntre lo Anemi Francor
2009
Black Metal




フランス産ブラックメタルの3rdフル
前作をもってNeigeは脱退済みです。


1. Neire Peste は女性Vo.の裏で怪しげな呻きの様なものが聴こえ、
Peste Noire独特の怪しさ・胡散臭さ爆発なメロディーが垂れ流されます。

2. La Mesniee Mordrissoire は怪しげなコーラスでスタート
マーチの様なリズムに合わせて、Famineの擦れた様な声、
イカれた様な声、エフェクトをかけた声・・・等などアクの強さが半端ないです。

3. Ballade Cuntre les Anemis de la France - De François Villon
では、ピヨピヨ、チュンチュンと鳥達の囀りにアコギが絡む清々しい出だしで、
長閑な片田舎の情景が浮かんでくるようです。

6. A la Mortaille! はAlcest , Amesoeurs辺りに通じる叙情的なメロディーが登場するも、
やはり音やVo.ワークからPeste Noire臭が溢れてきます・・・

7. Vespre は孤独感溢れるシンセによるインスト

8. Rance Black Metal de France ではハーモニカなんかも登場しつつ、
ギターとベースはメランコリックな旋律を奏でます。


2ndまででも凄まじい個性、アクの強いブラックメタルだと思っていましたが、
本作では変態っぷりに磨きがかかり、唯一無二の存在になった感があります。
各所での活躍が目覚ましいNeigeが抜けたことで心配する声もあったと思いますが、
それが良い方に働いたのかもしれませんね。
胡散臭さ・怪しさ満載のメロディー、コーラスワーク、
そこへ被さるFamineのVo.がPeste Noire独特の音世界を構成
フレンチブラックらしいジメジメとした質感というか、腐敗臭漂うサウンドで、
予想のつかない展開からくるアヴァンギャルドさ・変態度はかなりのモノです。
そんな中にもアコギ等を用いた叙情的なパートは過去作を思い出させ、
所々ベースがメランコリックな旋律を加えるのも良い感じですね。
鳥の囀り、ハーモニカなどによる長閑な片田舎の風景を想起させるサウンド、
Amesoeursでもお馴染のAudreyによる女性声も登場します。

恐らく、Peste Noireの異常なまでの特異性・オリジナリティーは
Famineによるものなんでしょうね。
正直私は1stが一番好きですが、本作も楽しめています。
本作を1番気に入る人も多いのではないでしょうか。
満足度は84点くらいですかね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]