忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Folkfuck Folie.jpg










Peste Noire / Folkfuck Folie
2007
Black Metal




フランス産ブラックメタルによる2ndフル
本作でもAlcest , Amesoeursなどでの活躍で知られるNeigeが参加しており、
他のメンバーもAlcest , Amesoeurs関連みたいです。


1. L'Envol du Grabataire (Ode à Famine) は鬱蒼とした森を思わせるイントロから、
咽び泣くような高音トレモロ、Famineの擦れ気味のガナリ声Vo.が登場
叙情的でもの哀しげなフレーズを交えつつ、怪しさが爆発してます。

2. Chute Pour Une Culbute はRawなドラムと共にノリ良く疾走していく曲
前作よりドラムの音が良くなっている気がしますね。

3. La Fin Del Secle はジメジメとした雰囲気に包まれており、
アコギによる叙情的なフレーズとの対比が良い感じです。

4. D'un Vilain は2分台と短めで、
オールドスクール的なノリで進んでいく荒々しい曲になってます。
あまりこういう曲はなかった気がしますね。

5. Condamné à la Pondaison は本作最長の曲
中盤水の中に沈んでいくようなSEが登場し、何とも不思議な展開です。

6. La Césarienne は本作で唯一Neige作曲のものみたいです。
ベースソロから始まり、ノイジーなギターの刻みと共に荒々しく進んでいきます。
今までの曲とは毛色が違いますね。

9. Psaume IV は後半のメロディアスなベースラインが印象的です。

11. Folkfuck Folie はVo.のイカれたような雄叫びの後に
前作でも堪能できたメロウなメロディーが登場します。
どこか調子ハズレな音と独特のリズムが胡散臭さ爆発で素晴らしいですね。

12. Paysage Mauvais は鐘の音、鳥・蛙(?)の鳴き声などのSEに加え、
Vo.が高音絶叫を見せたりと多彩な歌い回しをしており、
狂った様相を呈しています。高音ですすり泣く様なギターも特徴的です。


前作の白ジャケに続き、赤いジャケということで麻婆豆腐カラーですね。
これで次作が黒だったら、中華一番のマジカルパンダ豆腐を再現できたということで
独り盛り上がれたんですが、叶いませんでした。
前作での鬱なブラックメタル要素は減退しており、
鳥などの動物の鳴き声、鐘の音などのSEを用いたり、
どこか調子外れで狂った様なギターによる胡散臭いメロディーにより、
怪しさ、不穏さは前作以上になっているように思えます。
また、Vo.も擦れた様なガナリ声だけではなく、
高音絶叫や唐突な叫びなど多彩な歌い回しを披露してますね。
Alcest , Amesoeursのメンバーが絡んでいるということで、
これらのバンドに通じるアコギによる叙情的なフレーズなんかも登場しますが、
前作ほどではないか、という気もします。
多彩な楽曲群もコンパクトに纏まっており、
前作では見られなかったオールドスクール的な荒々しい曲も登場
アルバム全編を通して、怪しさ・胡散臭さが爆発しています。
完全に好みの問題だと思いますが、私は1stの方が好きです。
満足度は84点くらいでしょうか。


アートワークの方も怪しさ爆発でイイ感じです。
Iron Maidenのシャツを着たメンバーが楽しそうですw
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]