忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Mother Earth.jpg

Rie a.k.a. Suzaku / Mother Earth
2011
Rock , Heavy Metal




日本人女性ギタリストによる2作目となるミニアルバム


1. Mother Earth は穏やかなピアノによるイントロから、
エネルギッシュなギターと共にアップテンポに進行
前作でも理不尽な社会に立ち向かっていく様な歌詞がありましたが、
この曲もそういう内容でしょうか。
そして、流麗というよりは荒々しくうねる様なギターソロが印象的
これはスウィープで弾いてるのかな?

2. Believe のイントロでRieさんらしいリフ、リードギターだと思えます。
まだ10曲ほどしか知らないわけですが・・・
へヴィーかつソリッドな刻みでありながら、キャッチーな歌物として楽しめるのも相変わらず

3. Hand in hand with each other はピアノ主体ではじまり、
徐々に他パートも主張してくるバラード曲

4. Last Enemy は本作でも最もへヴィーメタル然とした1曲
アグレッシヴに畳みかけるドラムと、へヴィーなリフ、バッキングが熱いです。
美しいツインリードをフィーチュアしたソロも魅力的

5. Time Paradox は先日リリースされたDVDにも収録されていた曲
どこかエスニックな空気漂う不思議な感覚に襲われたり、
ラストのテクニカル・メカニカルなフレーズに悶絶

6. Mirage もインスト曲
どこか懐かしげな雰囲気に包まれ、センチメンタルになってしまう曲です。
泣きのトレモロピッキングなどエモーショナルの限りを尽くしたプレイが聴きどころ


前ミニアルバム「Messiah」を店頭で聴いて即購入を決心したという思い出もあり、
本作も事前に予約して購入しました。
ギタリストのソロ作品という扱いでありながら、
何より楽曲の充実っぷりが素晴らしいというところに尽きます。
自己中なギターソロ等テクニックをひけらかすことがなく好印象
まあ、テクニカルに弾きまくるギターも好きですがw

まだミニアルバム2作品分しか発表していないものの、
早くもRieさんらしいリフ、リードギターのメロディーというものが定着しつつあります。
ランディーVを駆りソリッドかつへヴィーに刻まれるリフ、
バッキングに近代的なメタル然とした姿を見る一方で、
伝統的なツインリードによる美しいハーモニーを展開させる一面も
Vo.パートが始まると歌物として楽しめ、
非メタラーの方にも親しみやすいであろう楽曲が多いのも相変わらず
そのVo.を担当する2人の女性シンガーも安心して聴いていられる実力派
Vo.、歌を重視する方にも薦めたいですね。


デビュー作を気に入った方は勿論のこと、
メロディアスでキャッチーな楽曲を好む方に薦めたい作品ですね。
満足度は84点くらいでしょうか。
こうなるとフルアルバムが聴きたくなりますね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]