忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Urfaust.jpg










S.V.E.S.T / Urfaust
2003
Black Metal




フランス産ブラックメタルの1stフル
2005年の再発盤デジパックは500枚限定


1. Putréfiance Rédemptrice はいきなりの大曲
中盤辺りからはBurzumの3rdに通じる部分を感じますね。
もう崩壊寸前なギターソロ(?)といいよくわからんテンションで進行
終盤にかけての爆走パートは圧巻
 
2. Nuit de Walpurgis も殺伐と荒み切った音質で喧しく耳を突くドラム、
ジャリジャリとノイジーなギターが渦を巻くような不吉なメロディーを垂れ流し続けます。
全く先の読めないギターのメロディーに翻弄され続けますね。

3. Epitaphe もドラムがぶっ壊れそうな恐ろしい轟音に、
怪しげなノイズ、ハウリング音の様なものが重なるイントロ
憎悪をブチまけるような気合十分の暗黒Vo.も相まっておどろおどろしさに満ちています。
ゴリゴリと主張する轟音ベースも主張し、阿鼻叫喚の地獄絵図といったところ


アルバムながら3曲のみの収録ですが、収録時間は40分超と大作志向
音質はかなり極悪、と言っても所謂チープ、薄っぺらさという表現ではなく、
耳に優しくない音の塊を叩き付けられているイメージです。

フランス産らしい歎美さ、メランコリックさとは無縁のプリミティヴ・ブラック
ただ、一般的なプリミティヴ・ブラックの枠には到底収まらず、
こちらの予想もつかない展開で目まぐるしく駆け抜けていく大曲主体の作風です。
耳をブチ破る粗暴な金物系ドラミングに、
ノイジーに歪み切った殺伐としたギターによる轟音リフ、
唐突に挿入される予測不可能なメロディー、
ゴリゴリと地下で蠢くような怪しげなベースラインらが渦を巻くように畳み掛け、
ただただ圧倒されますね。
Vo.は憎悪をぶちまける様な荒み切ったガナリVo.スタイル
かなり混沌とした真っ黒なブラックメタル作品となっており、
似たバンドを挙げることが困難なほど
とっつきやすさは皆無ですが、アンダーグラウンドなブラックメタルの
名盤として扱われていることが多いのも納得です。

殺伐、混沌としたブラックメタルを好む方に薦めたい作品
恐らく、あまり売っていないと思うので見かけたら購入しておくのもいいかもしれません。
満足度は91点くらいでしょうか。


1. Putréfiance Rédemptrice
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]