忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Veritas Diaboli Manet in Aeternum: Le Diable Est Ma Raison.jpg










S.V.E.S.T. / Veritas Diaboli Manet in Aeternum: Le Diable Est Ma Raison
2008
Black Metal




フランス産ブラックメタルバンドによる3曲入りEP
Deathspell Omegaとのsplit盤LPを別々にCD化したものの片方


1. Et la Lumière Fut, Comme un Coup de Scalpel は10分超の大曲
どこかエスニックにすら感じられるメロディーと共に荒々しく疾走していきます。
脳みそをかき回されるような混沌としたギターソロ、
ドラムは若干もっさりとしてはいるもののカッコいいです。
後半にかけて徐々に盛り上がりを見せる展開も良い感じです。

2. Le Diable est ma Raison も1曲目同様不穏に蠢くリフと共に疾走していきます。
気合いの入ったガナリ声を披露するヴォーカル、
ベチベチとしたスネアの質感、
あまり目立たないかもしれませんが、時折顔をのぞかせるトレモロなどが楽しめる1曲

3. Veritas Diaboli Manet in Aeternum はサスペンスな雰囲気漂う怪しいイントロ
ヴォーカルは歌っているというより、時折唸り声をあげる程度のみになっており、
甲高いギターの音が醸し出す不穏な空気がタダならないことになってます。


ジャリジャリとしたノイジーなギターによる不穏なリフは混沌としており、
Deathspell Omegaには及ばないかもしれませんが、
目まぐるしい展開も相まってか複雑なブラックメタルになっています。
ギターソロのカオティックぶりも聴きどころの一つですね。
メロディックなパートもある分、ある程度の聴きやすさはあります。
ドラムの方は若干籠り気味でもっさりしてますが、
ファストなパートでのベチベチとしたスネアの質感は好みでした。
ヴォーカルは気合いの入ったガナリ声で、迫力もあり良い感じです。
アートワークの方も意味わからんことになってますね。
満足度は77点くらいでしょうか。


過去作は持ってませんが、いつか手に入れたいです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]