忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Opferblut.jpg










Satanic Warmaster / Opferblut
2003
Black Metal




フィンランド産ブラックメタルバンドによる2ndフル
Baptismなどでも活躍しているLord Sargofagianがドラマーとして参加してます。


1. Black Destinyを一聴して思うのは、前作1stフルと音が変わっていることです。
ドラムのドッタンバッタンとしたRawな印象が減退し、聴きやすくなっています。
ギターが寒々しいリフを奏でるのは相変わらずといったところですね。

2. Bound in lust and hateはMayhemの如き邪悪さが際立ったリフから始まり、
その後はメロウなことこの上ないメロディーが押し寄せてきます。
ギャーギャー喚くスタイルのボーカルと相性抜群ですね。
後半ドラムの見せ場もあります。

5. A Raven's Songは本作でも最もアグレッシブな1曲
バシバシ叩かれるドラムと共に禍々しく疾走するパートが良いです。

6. Rain Fallsはインスト曲で、退廃としたメロディーが淡々と紡がれていき、
気力が削がれていくかのようです・・・何とも哀しげな気分になります。

7. Farewell to the Fallenはオールドスクールっぽさを感じさせる曲で、
他曲とはまた違った毛色を示しているのが面白いですね。


寒々しくメロウなメロディーを奏でるプリミティブ・ブラックという点では、
1stフルと同様であり、非常に聴きやすく気に入っています。
ただ前作のドカバキ煩いドラムが丸くなってしまっており、
若干寂しくもありますw
この辺りは好みの問題だし、曲自体はそんなに変わってないですね。
また、うっすらと乗る冷たいKeyの存在がなくなってしまったのも少し残念・・・
なんだかこんな風に書くと1stに比べて駄目駄目に見えますが、
良作には違いありません。
最大の聴きどころはメロウでメロディックなギターだと思っているので、
それが聴ければ問題ないです。
音質悪いブラックメタルはちょっと・・・と言う方でSatanic Warmasterに興味がある方には、
1stよりこの2ndの方が聴きやすいかもしれませんね。
そんな人いないでしょうけどw
満足度は84点くらいですかね。


2. Bound in lust and hate
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]