忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

The Shadowthrone.jpg










Satyricon / The Shadowthrone
1994
Black Metal




ノルウェー産ブラックメタルの大御所による2ndフル


1. Hvite Krists Død からキラーチューン
ザラついたいかにもノルウェイジャンなギター、
ゆったりと進行していく中、神秘的な装飾を施すシンセ、ピアノ、
それらが展開豊富に繰り出される様にクラクラ・・・
この頃は比較的アトモスフェリックなブラックメタルに感じられます。

2. In The Mist By The Hills は寒々しく疾走していく中、
メロウなベースラインも良く聴こえますね。

3. Woods To Eternity はかなり歪ませた邪悪なギターによる殺伐としたリフ、
もうこれだけでお腹一杯、Burzumにも通じる空気ですね。
アコースティックなパートもありますね。

5. Dominions Of Satyricon もキラーチューン
Limbonic Art か!とさえ思えてしまうイントロの大仰な展開、
王道を行くトレモロリフに悶えます・・・
終盤、美旋律シンセの後にも豊富な展開を見せますね。


一般に名盤として挙げられることが多い次作の3rd「Nemesis Divina」と比較しても、
全くヒケをとらないどころか、個人的にはコチラの方が好きです。
Frost と言うとどうしても人外な持久力をもつブラストビートに耳が行きがちで、
彼が参加する作品はほとんどファスト・ブラックの一言で片づけてしまう、
そんな風に言う方もいるみたいですが、
比較的ゆったりと流れていくパートが多く、ファストな作品を期待していると肩透かしかも・・・
本作はノルウェーの土着感漂うメロディーが詰め込まれている
まごうことなきノルウェイジャン・ブラックメタルの名盤ですね。
そのノルウェー産特有のメロディー、リフに、
ゆったりと神秘的に被さっていくシンセ、ピアノの貢献が大きく、
パートによってはアトモスフェリックなブラックメタルにも捉えられました。
適度な寒々しさを備えた音質、歪みの効いた邪悪なギター、
これらは以降の作品に比べるとアンダーグラウンドな空気を充満させていながら、
厚みのあるベースライン等も良く聴こえ、
最近の徒に音質を悪くしているように思えるブラックメタルには到底再現できない
崇高ささえ纏っているかのようです。
長尺気味の曲が多い中、豊富な展開を見せる楽曲のおかげでダレにくいですね。

今のところ彼らの作品で1番好きですね。
なんだかんだ言いつつ、3rdまでは全部好きです。
満足度は92点くらいでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]